脳移植すると記憶はどうなるのか
おはよう。 今日はちょっと変わったテーマで書こうと思う。 「脳移植について」 臓器提供などはよく聞く話だけど、脳は移植が可能なのか気になったので調べてみた。 そう思ったのは前回の記事で「若い人間と接していれば老害にはならない」みたいなことを書いて、 「脳ごと若い人から貰えば何歳になっても若くいられるのでは」と思ったのが きっかけである。

脳移植はできるけどできない

技術的には脳の移植も可能であろうと思われます。しかし、倫理的に大きな問題があるので、 脳移植が (法的・社会的に) 認められることはまずありえないでしょう。そのような意味において、脳は移植できないと思われます。 https://blog.goo.ne.jp/masaoonohara/e/45b8da1cde355686570253bf2fe911bf
という記事を見つけた。 技術的に可能なのかもしれないけど、人の頭から脳を引っ張り出してきて、、、 っていうのは社会的にまずいからやってないのだと思う。 なので、実際にどうなのかはさておき、次項からちょっとSFっぽい話をしようと思う。

記憶はどっちの人の記憶なのか

A,おそらく移植された脳の人格になるんではないでしょうか? これは脳に人格が宿っているという仮定にもとづいての推測です。 記憶とかも脳にあるのだとすると、人格は脳のほうで決定されるように思われます。 逆のケース (移植された肉体のほうの人格が残る) というのはちょっと想像できかねます。 https://blog.goo.ne.jp/masaoonohara/e/45b8da1cde355686570253bf2fe911bf
脳科学は科学者たちも想像ばかりで話していて、 9割ぐらいテキトーなことを言ってると友人から聞いたことがある。 今までの記憶がどこまで残るかは想像しがたいが、人格は脳の持ち主のものに なるだろう。 しかし、脳側の記憶が全て残っていたとしたら移植されて助かった人は、 記憶がまるっきり変わって活動するのだろうか。 それでは脳移植も本末転倒な気がする。

おまけ:面白い作り話

あるところに12歳の少年Aくんと89歳の老人Bくんがいました。 AくんとBくんは事故にあい、Aくんは死んでしまいましたが、Bくんは身体は粉々になってしまいましたが、奇跡的に脳だけは機能していました。 そこでAくんのお母さんは、「この老人の脳みそを私の息子にちょうだい!」 とお医者さんにお願いして、お医者さんが頑張った甲斐あってAくんは 蘇りました。 Aくんのお母さんはとても喜びました。 しかしAくんの記憶はまるっきりBくんにすり替わっており、 Bくんの89歳たるカチカチの脳では、 Aくんの通う小学校でまともな生活を送ることはできませんでした。 とうとうAくんは老害というあだ名をつけられてしまいました。 ましてや、記憶も完全にBくんのものなので、家族のことを誰も知らないどころか、Bくんが元々暮らしていた家に帰ったり、物忘れもひどかったようです。 そこでAくんのお母さんは脳移植なんてなくて良いものだと悟り、 Aくんを殺害しました。

まとめ

以上、作り話のように脳移植は誰も幸せにならなそうなので、考えることをやめることにする。 これから脳移植をしようか考えていた人はぜひ思い直してみてほしい。   ここまで読んでくれてありがとう。   他の記事も読んでいただけると幸いだ。
  • 人生攻略本を記した理由【あとがき】
  • 【今日から使える!】人を怒らせずに否定する方法
  • 【友人不要説】友達は負債
  • 【面白い】読解不能な文章の書き方(2)
  • 【感動】低学歴の私が持っている学歴よりも大切なもの
  • キャリア形成という世界で一番楽しい行為