【納得】クソなものはクソだとはっきり言おう!

おはよう

 

今日は「クソなものはクソと言おう!」ということについて

 

書いていく。

 

イントロダクション

 

私たちの住む世界では、様々なサービスや商品が出ては消えて

 

それを繰り返し良いものが作られている。

 

あのFacceBookCEOである「マークザッカーバーグ」も

 

女子大生のルックスを格付するサイト「フェイスマッシュ」という

失礼だが「クソみたいなサイト」を作っていた過去がある。

 

 

このようにクソみたいなサイトができた時、あなたがそのサービスをクソだと感じた時は

 

ちゃんとクソだと言うことが正義だと私は考えた。

 

それではここから例を用いて説明していく。

 



 

クソサイトを作った青年

 

あるところにハラカズヤというエンジニアになりたての男がいた。

 

彼は「中二病用語辞典」というクソサイトを勉強がてら作りあげたのだった。

 

実際の「中二病用語辞典」のURL→https://chunibyoyane.herokuapp.com

 

 

クソサイトが完成した翌日、

 

 

 

 

なんということだろう!

ハラカズヤは誰がどうみてもクソサイトである「中二病用語辞典」を友人に強制的に閲覧させることを始めたではないか!

 

 

 

しかし、ハラカズヤのクソサイトを勧められた友人たちは、とりあえずハラカズヤを黙らせたい一心で

 

「あのサイトいいね」と適当に答える友人が100人中100人だった。

 

そう言われたハラカズヤは「私には才能がある、私はマークザッカーハンバーグになれる」と勘違いし、

 

その後もクソサイトを量産し延々とクソサイトを友人に閲覧をさせたのだった。

 



 

 

この話、何がいけなかったのでしょう?

 

さて、極端な話ではあるが、このままでは

 

・ハラカズヤは延々とクソサイトを作り続ける

・友人たちは延々とクソサイトを見させられ続ける

 

 

という「負のスパイラル」に陥る。

 

 

これではハラカズヤのためにもならないし、

 

友人たちはたちまちハラカズヤを軽蔑視するようになってしまう。

 

なので本来、友人たちはこういうべきではなかったのだろうか。

 

 

「お前のあのサイト、クソだな!」

 

 

 

この言い方は直接伝わる点ではとても良いが、

 

相手に失礼なので言い回しを変えてみる。

 

 

 

「サイトを作れるなんてすごいな!でも、僕は中二病の気持ちが分からないから面白いと思わないなぁ」

 

 

 

このように言ってみるのが良いかもしれない。

 

こうすることでハラカズヤは多少傷つくかもしれないが、

 

「なんで私のサイトはダメなんだ!!」と試行錯誤することができる。

 

そうすることでハラカズヤもクソサイトと言われないために努力をするし、

友人たちもクソサイトを見なくて済む。

 

 

このように、自分の感じたクソだと思うことを相手に伝えることが

お互いのためにもなるのだ。

 

 

だからこそクソなものはクソだと言おう。

 

やっぱりクソというのは良くないので「面白く思わないということ」を相手にちゃんと伝えよう。

 



 

 

クソと伝える時の注意点

 

これから読者のあなたがクソなものをクソと伝えるために注意すべき点がある。

 

それは

 

「みんながクソって言ってるからそれはクソだよ!」

 

 

という伝え方。

 

お前の意見を言えよという話である。

 

 

 

このように「みんな」「大体の人」の意見ではなく、

 

「私」がクソだと思う理由をしっかりと伝えるべきだ。

 

 

製作者がそういった失敗を糧にできる人であれば、

 

「このような不満を持つ人もいるのか、、」

 

と新しい考えを持つことができる。

 

 

このようにして、現代のサービスは成長していくのだ。

 

 

まとめ

 

以上がクソなものはクソというべきという話だ。

 

これからも私はクソなサービスや記事を量産していく、

 

暇があったらそのサービスをクソだと思う点をたくさんあげていただけると幸いだ。

 

ここまで付き合ってくれてありがとう。

 

次回もお楽しみに。

 

 




雑談の関連記事
  • 【拡散希望】PayPayで好きな声優に設定できる機能について
  • 「ギリギリ生活できる金だけ稼いで生きる」という神な発想
  • ホームページをリニューアルしました
  • 技術ブロガーって何するの??【知らん】
  • 【絶望】貧乏人に休日などあってはならない
  • 「イェッタイガー」を本質から否定する