【面白い】読解不能な文章の書き方

おはよう。

 

今日は読解不能な文章の書き方を教える。

 

それでは早速書いていく。

 

普通人間がやることを概念にやらせる

 

例えば、

 

 

 

ハラカズヤさんは、牛丼を食べました。

 

 

 

という文章を読解不能な文章に変えてみる。

 

 

 

労働基準法第十二条は、牛丼を食べました。

 

 

 

このようにすることで、読み手が読解不能な文章になった。

 

 

想像してみてほしい。

 

労働基準法第十二条がご飯を食べている姿を。

 

 

恐らく普通の人であれば想像不可能だろう。私も無理だ。

 

このように、

 

 

ハロウィンが食事をした。

株式会社設立方法がサッカーをした。

 

 

など、普通は人間がやる行為を概念にやらせることで読解不能な文章を作ることができる。

 

さあ、貴方も読解不能な文章を作ってみよう。

 

 

まとめ

 

私が日々読解不能な文章を作成しているTwitterアカウントがこちら

 

https://twitter.com/naNfg63

 

このシリーズは今後も書いていこうと思う。

 

ここまで付き合ってくれてありがとう。

 

他の記事も読んでいただけると幸いだ。

 

続き【面白い】読解不能な文章の書き方(2)
2020.1.7
おはよう。 今日は読解不能な文章の書き方を教える。 前回の記事をまだ読んでいない方は、こちらにも目を通していただけると幸いだ。 それでは早速書いていく。 変なところで区切る 読解不能な文章を作るには、変なところで区切ることが重要である。 例えば、 トリック・オア・トリート ...
  • 【驚愕】金持ちになる「お金の使い方」を完全に理解してしまった、、
  • 2週間神社に参拝を続けてみた結果。
  • 【自画自賛】私、「ハラカズヤ」の素晴らしさについて書く
  • 結局のところ「マナブ」に騙され続けたヤツが稼げるようになっている
  • 【全人類必見】自己投資は徹底的にするべき
  • エンジニアを目指す人が見るべきYouTuber(マナブ、KENTA、りゅうけん)