おはよう。

 

今日は苦手克服は時間の無駄だという話を書いていく。

 

皆さんにも学生時代は「苦手科目」というものが1つはあったはずだ。

しかし、私はこの「苦手」を克服することは時間の無駄だと考えている。

 

そのことについて早速書いていく。

 



 

苦手とは

 

そもそも苦手なものは自分の中でできた意識に過ぎない。

だから「好きだけど苦手な分野」は存在しない。

 

これの正しい言い方は「好きだけどまだ習得できていない分野」だろう。

 

やはり嫌いなことをやるのは完全に時間の無駄なのだ。

 

実際に私の友人に学生時代は国語の勉強では100点満点中10点をとるような生徒だったが、今では立派に小説を執筆している者もいる。

 

よって、彼は「文学」は好きだけど、「国語の授業」を受けるのが「苦手」だったのだろう。

 

こうして、言葉を選ばずに言うならば「苦手なものからは逃げて好きなものをやること」で彼が立派な小説を書き上げるように「好きだけどまだ習得できていない分野」を習得することができる。

 

彼がもし「小説は好きだけど国語の勉強は苦手なんだよなー」という気持ちで文学に取り組んでいたら本来の目的である「小説を書くこと」を熱心に取り組むことはできなかっただろう。

 

「国語の勉強」という苦手意識は無視して「小説が好きだけどまだ上手くは書けない」と思うことで、彼は小説を書くのが「好きなこと」から「得意分野」になったのだ。

よって「好きでもない苦手なことを克服する」のはやはり時間の無駄である。

 

最後に

 

このようにして「苦手克服」というのは非常に遠回りな選択であり、自信喪失にもなりかねない。

ならば、「得意分野」もしくは「好きだけどまだ習得できていない分野」に注力をしてみてほしい。

 

そうすることで必ずその分野に精通する「達人」になることができるのだ。

 

貴方も「得意分野」か「好きだけどまだ習得できていない分野」を極めていこう。

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 

他の記事も読んでいただけると幸いだ。




  • 意識高い系にとって害悪な街!神奈川県川崎市!
  • 【Web制作】「target=“_blank”」は危険!?
  • 5Gは何が嬉しいのか
  • 「行っている」って滅茶苦茶わかりにくいよね??
  • 【衝撃】ブログ毎日更新は「49日目」で辞めたくなる
  • 【絶望】貧乏人に休日などあってはならない