ブログは自己中心的な文章の方が面白い

おはよう。

 

今日はブログ記事を書くなら自己中心的なものにするべきということを書いていく。

 

逆を返すと「当たり障りのない文章はつまらない」ということにもなる。

 

それではなぜ自己中心的な文章の方が面白いか、早速書いていく。

 

ブログは価値観の押し付け

 

「自己中心的な文章」つまりは「自分の価値観を押し付ける文章」のことである。

 

私が今まで読んできたブログは多数あるが、日記的なものよりも断然、「価値観を押し付けてくるブログ」の方が面白かった。

特に個人で運営するブログは「価値観の押し付け」をすることで読書を獲得している。

 

例えば私の推しの坂内学というブロガーは、「Web制作のスキルを身につけて月5万円を在宅ワークで稼ぎゆるく生きる」という価値観を提供し、それを良いと思ったユーザーが愛読者になるといった感じだ。

 

このようにして言い方は悪いが、「坂内学の良いと思う「ゆるい生き方」をユーザーに押し付けている」から坂内学のブログは面白いのだ。

 

さらに彼は時折「サラリーマンは時間の無駄」などの賛否両論のある記事も書く。

 

このようにして自分の価値観を惜しみなく出している文章、すなわち「自己中心的な文章」こそが本当に面白い文章である。

 



 

デイリーハラカズヤDDGの場合

 

私のブログでも「自己中心的な文章」になるように意識して書いている。

 

私のブログの体系としては、

 

「私が紹介したことはすごく良いからやってみてね」

ではなく、

「私が言っていることが一番正しいのだから皆これに従って生きなさい」

 

という気持ちで記事を書いている。

 

もしもこれを聞いて「お前の価値観を押し付けられるのは嫌だ!」という人はこのブログからは去るのが得策だ。

 

そもそも私がこのように価値観を押し付けても、賢い人であれば腹を立てるのではなく私の書いている内容の重要部分を抜き出して吸収することだろう。

そして運営者である私自身もそういった読者を増やしたいと思い文章を作成している。

 

よって、私は自己中心的な文章を書くことで「本当に読んでほしい読書だけが集まるブログ」になると思っている。

 

さらに今回の記事の「ブログは運営者の価値観の押し付け」ということを頭の片隅に入れておけば、今後「サラリーマンは時間の無駄」などといった価値観の押し付けをするようなブログを読んだときもその中から重要なメッセージだけを読み取ることができるはずだ。

 

まさに、書く側も読む側も「ブログは価値観の押し付けだ」ということを頭に入れておくのは、とても有意義なことではないか!

 

まとめ

 

以上がブログ記事は自己中心的な方が面白い理由である。

 

これからはブログを書く際は「自己中心的な文章」を書くことを心がけて、ブログを読む際は「これは筆者の価値観」ということを頭に入れて読もう。

そうすることで今まで以上に深い知識を得ることができるはずだ。

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 

他の記事も読んでいただけると幸いだ。




雑談の関連記事
  • 【PHP最終章】PHPの方がRubyより全然スゴイじゃん
  • 【早期退職するべき】会社を辞めたい人を全肯定する
  • 【納得】クソなものはクソだとはっきり言おう!
  • 【拡散希望】PayPayで好きな声優に設定できる機能について
  • 一生を掛けて育てていくWebサービスを作るわよ
  • 時給50円上がったら割と最高だよねという話