おはよう。

 

今日は私がこれまで作ったWebアプリを紹介する。

 

私はこれまでに思いついたアイデアを直ぐにアプリにすることを念頭においてアプリ作ってきた。

 

そうすることで10個の動くアプリを作ることができた。

 

中には出来の悪いものもあるが、今回はその中でもなかなかの出来になった自慢のアプリケーションを4つ公開する。

 

もしかしたら、「こんなレベルのアプリでもいいの!?」と思える小規模のものもあるので、ぜひご自身のポートフォリオの作成に役立てていただきたい。

ちなみにアプリを作成する際に使用しているフレームワークは全てRuby on Railsだ。

 

また、こちらのアプリは既にデプロイしているものに関してはURLも貼ってあるのでアクセスして適当に遊んでみてもらってもOKだ。

それでは早速書いていく。

 

 

1作目:Twitterのようなアプリ

 

 

制作期間: 201981日~89

 

 

アプリの主な機能

・サインアップ(名前、メールアドレス、パスワード)

・ログイン(メールアドレス、パスワード)

・投稿機能(文章、画像)

・タイムライン閲覧

・投稿詳細閲覧

・ユーザー詳細閲覧

・ユーザー検索

 

 

%1$s
未経験からポートフォリオなしでエンジニア転職するとどうなるのか
2020.7.8
おはよう。   私は今年(2019年)の7月にサーバーサイドエンジニアに転職をした。   今日は、そんな私が実際に体験したエンジニア転職にまつわる恐い話をしようと思う。   それでは早速書いていく。  …...

 

入社後に課題として作ったアプリである。

機能だけ見てみてもまさにTwitterの主要機能だけ切り取ったようなアプリだ。

 

見た目はBootstrapを使って出来る限りまともな見た目にして、スマートフォンでも不便なく使えるようになっている。

 

また、このアプリを作ることでRubyGemsの認証機能として名高い「Devise」の便利さを痛感することができた。

 

下のURLからユーザー登録を勝手にしてタイムラインを荒らしてもらって結構なので、ぜひ一度使ってみてほしい。

それがあなたのポートフォリオ作成のヒントとなるなら幸いだ。

 

 

アプリのURL

https://ugokudeviapp.herokuapp.com/

 

ユーザー登録方法

右上の「Sign up」をクリック
名前、メールアドレス、パスワードを入力
ログイン完了

 

もし不明な点があれば連絡してほしい。

Twitterで連絡する

 

 

 

2作目:ライブ会場の最寄り駅を保存しておくアプリ

 

 

制作期間: 820日~827

 

アプリの主な機能

以下の項目を入力して保存する

・ライブイベントの名称

・アーティスト名

・イメージ画像

・イベントの日時

・会場名

・最寄り駅名

・会場まで徒歩何分か

・所在地

その他の機能

・保存したイベントの検索

・保存したイベントの詳細を閲覧

・詳細ページの会場名下の「マップを開く」をクリックするとGoogleマップに遷移

 

 

これは私がライブイベントを頻繁に行き、その際に会場までの道のりやライブイベントの詳細をまとめてチェックできたら楽ではないかという想いから生まれたアプリだ。

 

 

実際にサンプルの詳細ページを見てみると分かるが、

イベントの日時と会場名、最寄り駅が一度に閲覧できるようになっている

更には、Googleの提供するAPIを使い、駅に到着した後に「マップを開く」をクリックすることでGoogleマップを自動的に開くように設定されている。

 

まさに「自分の生活を便利にしてくれるアプリ」だ

 

こちらのアプリはユーザー登録などの必要もなく、サンプルデータを作成することができるのでぜひ使ってみてほしい。

スマートフォンからアクセスするとGoogleマップのアプリへの自動遷移も試すこともできるので、より実際の使用イメージを掴みやすいかもしれない。

 

 

アプリのURL

https://rocky-lake-75307.herokuapp.com/

 

 

 

3作目:1行小説リレーのアプリ

 

 

制作期間: 911日~917

 

アプリの主な機能

・サインアップ(名前、肩書き、メールアドレス、パスワード)

・ログイン(メールアドレス、パスワード)

1行小説の詳細閲覧

1行小説の閲覧

ログインユーザーのみ使用可能な機能

・小説の依頼

1行小説の文章作成の参加

・プロフィールの編集

このアプリは、小説の展開を依頼し、それに他のユーザーがコメントをするような形で1行ずつ物語を作っていくアプリである。

 

 

また、ログインをしなくとも作成中の小説の閲覧は可能だ。

こちらもDeviseを使ってユーザー認証系の機能を作成した。投稿したものに更に書き込んで保存する機能(コメント機能)を作るのは苦戦したが、こうすることでより深い知識を得ることができた。

アプリ作成で次の段階に行くのにもコメント機能の実装は役立つかもしれない。

 

Railsでコメント機能をつくってみよう

https://qiita.com/nojinoji/items/2034764897c6e91ef982

 

 

 

アプリのURL

https://dry-peak-36460.herokuapp.com/

 

 



 

 

4作目:ハラカズヤオフィシャルサイト

 

 

制作期間: 1023日~1111

 

アプリの主な機能

・閲覧機能

管理者のみ使用可能な機能

・ニュースの更新

・イラストの更新

・ポートフォリオの更新

 

 

名前の通り私のオフィシャルサイトを作成したものだ。

ActiveAdminという管理画面を作成するRubyGemsを導入したことで、投稿機能は管理者の私のみが操作可能になっている。

 

また、技術的にはじめて挑戦したのはRailsアプリ内でJavaScriptを書くことだ。

このアプリのヘッダーメニューはJavaScriptで動いている。ぜひ試してみてほしい。

 

 

アプリのURL

https://harakazuya.herokuapp.com/

 

 

最後に

 

以上が私が2019年8月から11月にかけて作成した4つの自慢のRailsアプリだ。

 

私がこの3ヶ月間でアプリを作り続けて感じたことは、

「思いついたアプリを作り続けることで次々と新しい技術を習得していける」ということだ。

 

私は1作目でDeviseの使い方を学び

2作目でGoogleAPIの使い方を学び

3作目でコメント機能の使い方を学び

4作目でJavaScriptの使い方、管理者画面の作り方を学んだ。

 

このように少しずつではあるが、アプリは拡張されていったのだ!

 

初めはみんな初心者だ。それでもアプリを作り続けることで徐々にレベルアップすることができる。

まずは難しいことは考えないで思いついたアプリの作り始めよう!

 

%1$s
【3時間で完成!?】Railsを使ってWebアプリを高速で作る方法
2020.2.27
おはよう。   今日はWebアプリを高速で作る方法を紹介する。 ちなみに私はこの方法で3ヶ月間で10個ものアプリを作ってきた。(出来の悪いもの含め)   詳細はここから確認できる。 →19歳ーーの記事   &n…...

 

この他にも私のブログではRailsに関する記事がたくさんあるので、他の記事も読んでいただけると幸いだ。

 

ここまで読んでくれてありがとう。

 




  • 【19歳で年収400万ですよ!奥さん!】工業高校は神だと思わないか?
  • 朝から2週間以上詰まっているデプロイをやったが死んだ
  • 【Twitter】1ヶ月でフォロワーが600人増えたのでフォロワーを増やすメリットについて話す
  • 2週間神社に参拝を続けてみた結果。
  • 【明解】若いうちは苦労をするべきか!?
  • 【ブロガー必見】ブログで稼げるようになるには〇〇をしよう