おはよう。

 

今日は社会人生活が楽しすぎるということを書いていく。

 

今の生活がつまらないと思う学生は必見だ。

 

 

イントロダクション

 

私は社会人になってもうすぐ3年目となるが、学生時代に戻りたいと思ったことは一度もない。

 

あのクソつまらない学生生活の何が良いのか私は分からない。

 

圧倒的に社会人生活の方が有意義だろう!

 

 

今日はそんな「学生生活」のつまらないところと「社会人生活」の最高なところを余すことなく書いていく。

これから社会人になる方はこの記事を読むことで「社会人って最高ね!」と思えることだろう。

 

それでは早速書いていく。

 

 

学生生活のつまらないところ

 

イントロダクションで「学生生活はクソつまらない」と書いたが、

当時の私は高校生活を特段つまらなく思ってはいなかった。

 

しかし、社会人に1度なってしまうと「学生生活はなんてつまらないものだったのだろう!」と思えてくるのだ。

 

完全に個人的は考えが多くを占めているが以下の項目が学生生活のつまらないところである。

学生生活のつまらないところ
・苦手科目も必ず学習しなければならない
・あまり好きではない性格の人とも関わらなければならない
・会話のほとんどが同年代の女子と付き合ったなどの恋愛トーク

 

これが私が学生生活をつまらないと思う理由である。

 



 

苦手科目も必ず学習しなければならない

 

まずは学習面だ。

 

 

私は中学時代から高校までの6年間、数学のテストで40点を超えたことが一度もない。

 

要するに私は数学力ゴミだったのだ。

 

そんな私は提出するべきものや救済措置の課題などをこなしてなんとか平均の成績を保つことができた。

しかしながら「苦手科目も必ず学習する」ということはやはり苦痛であった。

 

 

 

あまり好きではない性格の人とも関わらなければならない

 

次は人間関係面だ。

 

 

私には「あまり好きではない性格の人」がいた。

それは「ネガティブ思考な人間」である。

 

私はネガティブ思考な人間とは絶対に分かり合えない自信がある。

 

「どうせそんなことやっても仕方ないよ」「俺、別にそれ面白いと思わないし、、」

こういった人間とはなるべく関わらないようにしてきた。

 

何故なら見ていて腹立たしいからである。

 

恐らくネガティブ思考の人間も私のような「なんでもポジティブに考える人間」は好きではないだろう。

 

これでお互いに「苦手 × 苦手」同士なのだから関わらないのが1番。

 

そのはずなのだが、学生生活のなかでは理不尽にも自分の名字が「あいうえお順」で勝手に出席番号というものが割り振られて、

その順番は苦手な性格の人の近くにされることも多々あるのだ。

 

更にはその順番に区切られてグループワークを行うことさえもある。

 

そんな中で分かり合えない性格の人間とも関わらなければならない場合が多々あり、その度にお互いに意見の相違で嫌な思いをする。

 

このように学生生活では「関わりたくない人間」とも関わらざるを得ない状況に陥ることがあった。

 

これは日々続くとなると相当な心労になるだろう。

 

 

会話のほとんどが同年代の女子と付き合ったなどの恋愛トーク

 

最後は日常生活面だ。

 

 

この「会話のほとんどが同年代の女子と付き合ったなどの恋愛トーク」という部分が私にとっては1番苦痛でつまらないものだった。

 

一般的にこういった恋愛トークなるものは女性に多いものだと思われがちだが、

高校で私が所属していた野球部でも忘年会などで再開すると未だにこの会話が8割を占めるのである。

 

意外にも男性も20代前半のうちは会話のほとんどが「同年代の女性と恋愛したとかしてないとかの会話」なのだ。

 

特に高校生活ではその会話が95%を占めるため、私にとっては非常に苦痛であった。

 

何故なら私は単純に同年代の女性に興味がないからである。

 

 

余談だが私はもっと年上の女性の方が好みである。

 

そして周りがそのような会話にうつつを抜かしている際は

興味が湧かないのでゲームをしたりアニメを視聴していると、

これまた「お前ももっと恋愛することに興味を持った方が良いよ」「少しは女性を知るべきだ」などと謎の助言をされて毎度非常に不愉快であった。

 

繰り返しになるが私がしたいのはもっと年上の女性の話である。

 

・苦手科目も必ず学習しなければならない
・あまり好きではない性格の人間とも関わらなければならない
・会話のほとんどが同年代の女子と付き合ったなどの恋愛トーク

 

以上の理由から私は学生生活が非常に退屈に感じたのだ。

 

※そしてここからが本題である!

 



 

社会人生活の最高なところ

 

それでは続いて「社会人生活の最高なところ」の紹介だ!

 

社会人生活の最高なところ
・得意なことをやることで評価される
・苦手な人間とは関わらなくても許される
・会話のほとんどがビジネストーク

 

これが社会人の最高なところである!

 

これを聞いて「いや、俺の社会人生活はこのような楽しいものではないぞ!」という方がいらっしゃるかもしれないが、

恐らくそういった方は「社会人の本当の楽しみ方」を知らないだけである。

 

ぜひともこの後綴っていく文章を読んで社会人生活を楽しむ天才の私から色々と学ぶことを勧める。

 

それでは早速書いていく!

 

 

得意なことをやることで評価される

 

まずは学習面だ。

 

 

学生時代は「とにかくバランス良く成績を取らなければならない」ということがメインになっており、

私もテストで40点を超えることが出来ない数学にも勤しまなければならなかった。

 

 

一方で社会人になるとどうだろうか?

 

 

現在私はソフトウェアエンジニアの仕事に就き、毎日大好きなiMac(デスクトップパソコン)の前で作業することができるのだ!

 

私にとってはコンピュータを使っている時点で全てコンピュータゲームと変わりない(つまりはそれぐらいコンピュータが好きということである)

 

まさに現在の私は平日5日間のうち8時間をコンピュータゲームをして給料を貰っている状態である。

 

しかも私はそのコンピュータゲーム(コンピュータで行う業務)を頑張ることで社会から評価をされるのだ!

 

 

このように「自分の得意なことをやることで評価される」という社会人の仕組みのおかげで、

学生生活のような「この分野は苦手だが成績を保つために頑張らなければならない、、」という杞憂が一切なくなった。

 

 

もしこれを読んで「俺は社会人になってからも苦手なこともやっているぞ」という方は恐らく転職をした方が良いだろう。

多分貴方はその職業に向いていないだけだ。

そして転職を決意した後にはしっかりと自分のやりたいことを選んで仕事にすれば良い。

 

そうすれば必ず貴方も社会人生活の恩恵を受けることができるはずだ。

 

このように社会人になればほとんどの場合「苦手なこともちゃんとやりなさい」という堅苦しいものは排除され非常に愉快な生活を送ることができるのだ!

 

今仕事を探されている方は、

推定されているだけで20000種類以上の職種が日本には存在するので

ぜひともその中から自分の得意なことを選んでいただきたい。

 

そうすれば必ず学生生活のような堅苦しさから解放されるはずだ。

 

 

苦手な人間とは関わらなくても許される

 

続いて人間関係面だ。

 

 

社会人になれば学生生活の「教室」のようなものは排除され、自分の苦手な人間とは関わらなくても良くなる。

 

そして入った会社には「自分の考え方に近い人間」が多く集まり、快適な社会人生活を送ることができる。

 

私もここまで「鉄道会社」と「スマートフォンアプリ制作会社」

全くタイプの違う会社に従事してきたが、見事にどちらとも私の好むタイプの人間が集まっていたのだ。

 

 

それではどうして社会人にもなるとそのような「自分の好むタイプの人間」が集まるのだろうか。

 

 

それは「入社するときの覚悟や志」が同じだからである。

 

言葉だけだと伝わりづらいので、下の表を見ていただきたい。

 

小学校→近所の学校に通う
中学校→近所の学校に通う
高校→工業高校に絞って受験する
社会人→将来の生活を考えて就活する

 

これは全て私が今までの経験したことである。

 

小中学校は何も考えずに通い、

高校はある程度「高校卒業後に就職をしたいから」という理由で決め、

就活ともなると「将来どのような人生を送りたいか」を考えた。

 

このように年齢を重ねるにつれて「どれだけ先を見据えているか」が全く違うので社会人の方が圧倒的に「同じ志の人間」が集まるのだ!

 

私も社会人1年目から良い会社に入ったおかげで私の苦手なネガティブ思考な人間と関わることがほぼゼロになった。

 

よって人間関係面においても社会人は最高なのだ。

 

 

もしこれを読んで「俺の会社は俺の志と違う人間ばかりだぞ!」という方は恐らく転職をした方が良いだろう。

多分貴方はその職業に向いていないだけだ。

そして転職を決意した後にはしっかりと自分のやりたいことを選んで仕事にすれば良い。

 

そうすれば必ず貴方も「自分と同じ志を持った人間」が多く集まる仕事ができるはずだ。

 

このように社会人になればほとんどの場合「誰とでも仲良くしなさい」という堅苦しいものは排除され非常に愉快な生活を送ることができるのだ!

 

今仕事を探されている方は、

推定されているだけで20000種類以上の職種が日本には存在するので

ぜひともその中から自分の得意なことを選んでいただきたい。

 

そうすれば自ずと「自分と同じ志の人間」が集まり、学生生活のような堅苦しい人間関係から解放されるはずだ。

 



 

会話のほとんどがビジネストーク

 

最後は日常生活面だ。

 

 

この「会話のほとんどがビジネストーク」という部分が私にとっては1番最高で胸を震わせるものだった!

 

一般的に「ビジネストーク」というと堅苦しいものを想像しがちだが、

私は「金銭のやり取りが関係する全ての会話」をビジネストークと呼んでいる。

 

例えば、「この間の渋谷のカレー屋さん、1000円でライス食べ放題なんだよねー」という会話も「渋谷に1000円でライス食べ放題の店がある」という1つの情報である。

 

この例を通してなにが言いたいかというと

「学校生活でクラスの女子と誰々が付き合ったなどの規模の小さな話」ではなく「皆が訪れることのできる渋谷のカレー屋の話」の方がよっぽども面白いということである。

 

このように書くと私が「女性にうつつを抜かすことは悪いことである」と言っていると勘違いされるが、

私は決して恋愛を悪いものだと思ってはいない。

 

むしろそれが心の支えとなっているのならとても良いことだと思う。

しかし、その「規模の小さい身内の恋愛トーク」には興味がないということだ。

 

そして、この不満も社会人になることで解消される。

 

社会人になることでその厄介話とは無縁になるのだ。

 

前項でも記述した通り、1日の8時間を占める仕事の時間は同じ志のものが多く集まっている訳だから

休憩時間等もそのような会話に巻き込まれることはない。

 

実際に私も前職の駅係員の時は同期に恋愛をしている人が居たが、

彼はその話をひけらかすようなことは滅多にしなかったし、話を聞いてみてもまさに「大人の恋愛」といった感じで非常に奥ゆかしいものだった。

 

ぜひとも品のない恋愛トークをする方々は彼を見習っていただきたい。

 

そしてもちろんそのほかの会話は先ほど説明した「ビジネストーク」か、

もしくはエンジニアの先輩からコンピュータ系の技術の話を聞いたりするぐらいだ。(私の現職がソフトウェアエンジニアなのでそれに付随する話のことだ)

 

このように社会人になることで「興味のない退屈な会話を聞く日常」は一切なくなるのだ!

 

 

もしこれを読んで「俺の会社は職場内恋愛などの話ばかりだぞ!」という方は恐らく転職をした方が良いだろう。

そして転職を決意した後にはしっかりと自分のやりたいことを選んで仕事にすれば良い。

そうすれば必ず貴方も「本当に自分がしたい会話をする人間」が多く集まる場所で日常を過ごすことができるだろう。

 

このように社会人になればほとんどの場合「この間、よしこちゃんと遊びに行ってそれから、、」という退屈な会話は排除され非常に愉快な生活を送ることができるのだ!

 

今仕事を探されている方は、

推定されているだけで20000種類以上の職種が日本には存在するので

ぜひともその中から自分の得意なことを選んでいただきたい。

 

そうすれば自ずと「自分の送りたい日常」を送ることができ、学生生活のような退屈な会話から解放されるはずだ。

 



 

まとめ

 

学生生活
・苦手科目も必ず学習しなければならない
・あまり好きではない性格の人間とも関わらなければならない
・会話のほとんどが同年代の女子と付き合ったなどの恋愛トーク

 

社会人生活
・得意なことをやることで評価される
・苦手な人間とは関わらなくても許される
・会話のほとんどがビジネストーク

 

以上が私が社会人になって「2度と学生生活に戻りたいと思わない理由」もとい「社会人の最高なところ」である。

 

これを聞いてこれから社会人になる方も幾分か気持ちが楽になったことだろう。

 

もしも社会人になったあとに「俺の行った会社はお前の言っていたことと全然違うぞ!」という方がいたら恐らく転職を考えたほうが良いだろう。

 

そしてこの辺の記事を読んでモチベーションを上げていただきたい。

 

%1$s
【良いことしかない】転職して残業が40時間から23分になった話
2020.7.8
おはよう   今日は残業の話を書こうと思う   先日、今の会社に文句があるならエンジニアになれよという記事を書いた際にWebエンジニアは残業がほぼゼロだという話を自慢した。   今日はこの残業がゼロになったこと…...

 

このようにこの記事で転職転職としつこく書いてきたがもちろん適当に言っている訳ではない。

 

今の仕事がダメなら本当に転職すべきと私は思っているから強調して書いているのだ。

 

実際に私も1社目が大きな会社で「一生ここで働かなければならない」と思っていたが、

転職して更に楽しく給料も良い職業に出会えたのだ。

 

%1$s
今の会社の話今の会社に文句があるならエンジニアになれよ
2020.7.8
おはよう 私が今働いている企業は、いわゆる「Web系自社開発企業」だ。     年功序列 飲み会 残業 休日出勤 スーツ出勤   は全てない。   因みにこれの逆は、   実力主義 飲み会な…...

 

 

そうして巡り合えた最高の仕事があるからこのように社会人生活を賛美する文章が書けるのだ。

 

ぜひこれから社会人になる皆さんも

今は不満を抱えている社会人の皆さんも

自らで道を切り拓いていけるような素晴らしい社会人になってもらいたい。

 

今日はそんな思いを胸に記事を書いた。

 

この記事が面白いと思った方はきっと他の記事も気に入っていただけると思うのでぜひ他の記事も読んでいただきたい。

 

このような長文を最後まで読んでくれてありがとう。

 



おすすめ記事

 

%1$s
あなたは「働いている理由」を3秒で答えられますか?
2020.7.8
おはよう。   今日は「働いている理由について」書いていく。     もくじ1 イントロダクション2 私がそう思っている理由3 反対意見4 最後に5 おすすめ記事 イントロダクション   先日私はTw…...
%1$s
【覚醒】「中ニ病」はIT技術を学ぶべきだ
2020.7.8
おはよう。 今日は中ニ病の自覚があるならIT技術を学ぶべきという話を書いていく。 中ニ病とは 中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動のことである。 イントロダクション 私は自分が中ニ病だという自覚がある。 中ニ病用語辞典というWebサービスを作ったほどだ。 中二病用語辞典→...




  • 新しいサイトを作るに決定
  • AIに仕事は奪われる?その前に今からできること。
  • 【エンジニア必見】1時間睡眠でエンジニア職は勤まるのか!?
  • 毎日更新100日経ったらブログの方針が決まったのでそれを発表する
  • 【YouTube】おすすめ動画
  • 【ブロガー注意!】Twitterを始めるとブログをやめたくなる