「git push origin master」とか打つのだるくね??【1秒で完了させる裏技を紹介】

おはよう。

 

今日はGitHubでソースコード管理をする優秀なプログラマーの皆さんに

面倒なGitHubPushを1秒で完了させる方法を紹介する。

 

いわゆる「自動化」というやつだ。

 

それでは早速書いていく。

 

 

イントロダクション

 

私の名前はハラカズヤ、とても優秀なRails使いのエンジニアだ。

 

しかし、そんな優秀なエンジニアである私にも日々の業務で悩ましいことがあったのだ。

 

 

それはGitHubへのpushが面倒ということである。

 

 

GitHubを使ったことがある方ならわかるはず、

GitHubに作業中のリポジトリをpushするにはいくつか手順を踏まなければならない。

 

git add -A
git commit -m "[commit message]"
git push origin [branch name]

 

このようにいたって単純なものなのだが、とても優秀なエンジニアである私にとってこのGitHubへのpushは非常に面倒なことであったのだ。

 

そして今回はこの面倒な時間を省くことができる裏技を紹介する。

 

私は実際にこの裏技を使ってGitHubへのPushが僅か1秒でできるようになったのだ!

 

当然だが金はかからない、無料だ!

主に使うもの
・ターミナル
・GitPushが面倒だと思う怠惰心

※操作はMacOSでおこなう

 

 

それでは早速紹介していこう!

 

 

GitPush自動化ツールを作成する

 

はじめにGitHubへのpushを自動でおこなってくれるツールを作成する。

 

その名も「GitPush自動化ツール」である。

 

まずはターミナルを開いてこのコマンドを入力だ!

 

vi ~/.gitpush

 

そうすることで「vi」というテキストエディタが表示される。

そこではじめに「i(アイ)」を入力してみてほしい。

 

ターミナルの下に「--INSERT--」の表示されればOKだ!

 

 

そうしたら次はいつも入力しているGitのコマンドを入力していく。

 

ブランチ名が「master」の方は下記のコードをコピー&ペーストでOKだ。

 

git add -A

git commit -m "auto push"

git push origin master

 

 

さあ、入力が終わったらキーボード左上の「esc」キーを入力してターミナル下の「--INSERT--」表示が無くなったことを確認しよう。

 

続いてこの「vi」を抜け出すコマンドを入力。

 

:wq

 

これで先ほどのファイルは保存されていつものターミナルに戻ることができた。

 

ここまででGitPush自動化ツールの完成だ!

 

 

GitPush自動化ツールを1秒で使うための準備

 

さて、続いてはGitPush自動化ツールを1秒で使う準備をしていこうと思う。

 

実はもう自動化ツールは出来上がっているのでこれだけでも自動Pushは使えるようになったのだが、

 

私はさらに上をいく優秀なエンジニアなので

「これを1秒でできるようにならなければ意味がない」と思った。

 

 

それでは早速GitPush自動化ツールを1秒で使う準備」をやっていこう!

 

まずはターミナルを開いてこのコマンドを入力だ!

 

 

vi ~/.bash_profile

 

 

そうすることで先ほどと同じく「vi」テキストエディタに移動する。

 

同様に「i(アイ)」を入力して「--INSERT--」であることを確認して下記のコードを入力だ!

 

 

alias ap='source ~/.gitpush'

 

 

入力が終わったらキーボード左上の「esc」キーを入力してターミナル下の「--INSERT--」表示が無くなったのを確認しよう。

 

続いて「vi」を抜け出すコマンドを入力。

 

:wq

 

これでターミナル内で「ap」と入力された時にGitPush自動化ツールが実行されるように設定された!(ちなみに「ap」とは「auto push」の略称である)

 

あとはGitHubで作業中のフォルダに移動してGitHubPushしたいタイミングで「ap」と入力するだけ!

 

とその前に一旦ターミナルを再起動しよう。

 

 

ブレイクタイム、、、

 

 

 

そうして作業中のフォルダに移動したら先ほど設定した「ap」を入力しよう!

※フォルダ内を何かしら編集することを忘れずに、、

 

ap

 

これでめでたくGitHubへのPush1秒でできるようになった!

 

 

これがとても優秀なエンジニアである私がGitPushをするのが面倒だと思い過ぎたことで完成した「GitPush1秒でできる裏技」だ!

 

しかしこの方法でPushした場合のコミットメッセージは「auto push」だけで非常に難があるため、

これを業務でやって「なんなんだこの酷いコミットメッセージは!」怒鳴られた時に

「ハラカズヤがやれって言ってました」と言い訳しないようにだけ気をつけていただきたい。

 



 

最後に

 

以上が「GitPush1秒でできる裏技」だ。

 

いかがだっただろうか。

 

このように私のブログではエンジニアが業務で怠惰を働く方法をいくつか紹介している。

 

%1$s
【ラブライブ!サンシャイン‼︎】ターミナル起動時に「黒澤ダイヤ」を表示させる
2020.7.8
おはよう   今日は 3分でできるプログラミング作業のモチベーションをあげる方法を紹介する。   それはターミナル起動時に「黒澤ダイヤ」を表示させる方法だ。   なお黒澤ダイヤの詳細は以下の通り、  …...

 

今回の記事が面白いと思った方はこちらもみていただけると幸いだ。

 

ここまで読んでくれてありがとう!

 

おすすめ記事



 

【Rubyistなら知っておきたい】Ruby3.0のリリース日と「3つの柱」
2020.2.27
おはよう。   今日はエンジニアらしい記事を書いていく。   それは、近々リリースされると噂されているRuby3.0の情報である。   私も先日は上司とこの話で盛り上がった。   今日はそんなRuby…...
%1$s
【エンジニア必見】1時間睡眠でエンジニア職は勤まるのか!?
2020.7.8
おはよう。 今日はエンジニア職は1時間睡眠で出来るのかどうかということを書いていく。 一見エンジニアの仕事はパソコンに向かってプログラムを打つだけなのでほぼ睡眠をしなくても出来そうだ。 そこで私が実際に1時間睡眠でエンジニア職は勤まるのか、検証してみたのでその結果を書いていく。 無理です ...




  • 【検証】「元高校球児でアニメオタク」はエンジニア転職最強の経歴である
  • 【宣言】ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか
  • あのオタエンジニアを絶対にマジガチ
  • 【衝撃】工業高校生が彼女ができない本当の理由
  • すごい奴はすごい、でも私は過去の私より凄いからそれで良い
  • 挑戦とは「当たり付き自動販売機」のようなもの