会社員エンジニアになると「フリーランスエンジニアになりたい!」という気持ちはなくなるのか?

おはよう。

 

今日は会社員エンジニアになると「フリーランスエンジニアになりたい!」という気持ちはなくなるのかどうかという話を書いていく。

 

先に断っておくが私はエンジニアのアルバイトであるが「週5日、8時間」の勤務形態で働いているのでこの記事内では「会社員エンジニア」として扱って書いていく。

なぜなら、いちいち「私はアルバイトだが〜」と付け足すのを読むのは貴方もかったるいと感じるだろう?(笑)

 

 

 

イントロダクション

 

結論から言うと、私は会社員エンジニアになった後もフリーランスエンジニアになりたいという気持ちは無くならなかった。

 

何故なら私は1年半ほど前(20185月)からずっとフリーランスになることを目的としてきたからである。

 

ちなみに私は1年半前は別に「フリーランスになれるのであればどんな職種でも良い」と思っていたのだ。

 

だからこそエンジニアになった今もフリーランスになりたいということを見失うことはない。

 

 

 

「フリーランスになりたい!」と言いづらい世の中

 

現在ではプログラミング学習を始めて「フリーランスになりたいです!」という熱意を持った方がいると

「じゃあ確定申告とかできんの??」と冷徹に対応する人が多く、「フリーランスになるためにエンジニアになる」ということ自体が言いづらい世の中であるのは事実なので、

 

あえて私は「ずっとフリーランスになりたいと思ってエンジニアをやっている」ということをさらけ出すことにしてみた。

 

ちなみに私は自分自身がこういった側面もあるため、「フリーランスになりたい」だとか「サービスを作って起業したい」などと公言する方を素直に素晴らしいと思う。

 

しかし、そんな方々もそれを公言するだけで「あいつは怪しいことをやっている」と思われてしまうのだ。

 

 

私もこの記事を書き始めたときに

 

「怪しいことを言っているように聞こえるかもしれないが~」と冒頭で入れようか迷ったほどだ。

 

それぐらい、プログラミング学習を少々長くやってきた人にとって「フリーランスエンジニアになること」と公言するのはある種、「死語」のようなものを言っていると言っても過言ではない。

 

このように「本当はフリーランスエンジニアになりたいと思っている人」がどこか肩身の狭い思いをしているはずなのだ。

 

なので繰り返しになるが、私はあえて「フリーランスになりたいと思ってずっとエンジニアをやっている」ということ公言する。

 

 

恩の返し方は「長く在籍すること」だけではない

 

しかしそれでも「これから入る会社を1年で辞めてフリーランスエンジニアになるのは失礼なのではないか、、」と思う方に

私が愛してやまない情報発信者の「勝又健太」の私が大好きな言葉を紹介したいと思う。

 

勝又健太の言葉
恐らく駆け出しエンジニアの方たちは「未経験の自分を拾ってくれた恩義のある会社さんを1年程度で辞めていいのだろうか」ということで悩まれると思いますが、(以下略)
恩の返し方としては、例えばその会社さんがとても良い会社さんだったのであれば、面白い退職エントリを書いてその会社さんの良い点をたくさん伝えた上でバズらせるであるとか、あるいは将来その会社さんに優秀なエンジニアの方をお繋ぎするであるとか、 恩の返し方には色々ありますので、「長く在籍する」ことだけを恩の返し方だと考えない方がよいのではないでしょうか。

 

私は現在の会社に入社する前、いわゆる「駆け出しエンジニア」の状態の時に読んだのだが、

 

未経験からエンジニア転職するであろう会社への恩の返し方は「長く在籍すること」だけではなく、

その会社で働いたことがその後のキャリアでも活きているということを自分の実績とともに証明することが大切であるということを私は勝又健太のおかげで気付かされた。

 

 

なので私は現在務めている会社でも「フリーランスエンジニアになりたい」ということは面接の時点で公言しているし、そのような思いを面接の時点で事前に伝えた会社では気持ちよく働くことができている。

 

だから現在、私は会社員生活も楽しいのだと思う。

 

今の会社に文句があるならエンジニアになれよ
2020.2.27
おはよう 私が今働いている企業は、いわゆる「Web系自社開発企業」だ。     年功序列 飲み会 残業 休日出勤 スーツ出勤   は全てない。   因みにこれの逆は、   実力主義 飲み会な…...

 

 

最後に

 

私はこの記事を読んでくれたあなたがフリーランスエンジニアになりたいという思いがあるのならば、私はそれを応援したい。

 

しかしその道のりは決して平坦ではないことは事実だ。

 

この辺の記事を読んでいただければ、何となく一筋縄ではいかないことが伝わるだろう。

 

未経験からポートフォリオなしでエンジニア転職するとどうなるのか
2020.2.27
おはよう。   私は今年(2019年)の7月にサーバーサイドエンジニアに転職をした。   今日は、そんな私が実際に体験したエンジニア転職にまつわる恐い話をしようと思う。   それでは早速書いていく。  …...

 

それでも自分の目標に忠実だった者が自分の本当になりたいと思っていた者になれると信じて私は何事も取り組んでいる。

 

それは目標がフリーランスエンジニアでなくても変わらないもののはずだ。

 

目標をいつも見失わずに追い続ける。

 

それこそが人生のというゲームの醍醐味であろう。

 

 

 

本日の記事はこれで終わりとする。

 

ここまで読んでくれてありがとう!

 




エンジニア向けの関連記事
  • 現役RubyエンジニアがPHPをやってみた結果【割と楽しい】
  • 「git push origin master」とか打つのだるくね??【1秒で完了させる裏技を紹介】
  • 【良いことしかない】転職して残業が40時間から23分になった話
  • エンジニアになりたい人向けの記事特集
  • 【覚醒】「中ニ病」はIT技術を学ぶべきだ
  • 未経験からポートフォリオなしでエンジニア転職するとどうなるのか