【余裕】Rails書けるならLaravelもできるよ

おはよう。

 

今日は、現役のRailsエンジニアである私がPHPのフレームワークである「Laravel」を使って

簡単なWebアプリケーションを作ってみたので、

 

その感想を書いていこうと思う。

 

Laravelは簡単です

 

結論から言うと

Railsが普通に使えるならLaravelは余裕で理解できる。

 

むしろ、書いている言語が違うと言うだけでやることは一緒なので、わざわざ動的型付け言語のWebフレームワークを2つ以上やる必要はないのではないかと思った。

 

しかしながら、既に私自身Railsを取得した後にLaravelを触ってしまった身でもあるから、

ここは1つRailsエンジニアがLaravelを勉強するメリットなるものを紹介しようと思う。

 

Laravelを勉強するメリット

 

RailsエンジニアがLaravelを勉強するメリット、

 

それはやはりPHPへの敵対心がなくなることだろう。

 

先日の記事でも同じことを書いたが、

 

エンジニアあるある
PHPエンジニア「Rubyはもうすぐオワコンになる」
Rubyエンジニア「PHPはレガシーでスパゲティーコードを量産させる言語だ」
このようなくだらない争いが行われているのは事実で、これを解消するにはどちらの言語も理解していなければならない。
そういった面でもここ2.3日PHPを触ってきた私はこのようなくだらない意見を述べることはなくなった。
そしてもう1つのメリットは「前よりもRailsが好きになれたこと」だろうか。
RailsもLaravelもどちらも良いフレームワークだが、個人的にはRubyという言語が好きで、Railsが好きだ。
しかし、このようなことを再確認することが出来たのも競合であるLaravelを使ったからこそ感じることが出来たのだろう。
改めてLaravelにお礼が言いたい。
ありがとう。

Laravelさん
どういたしまして

 

 

2つのフレームワークの共通点

 

さて、メリットの次は2つのフレームワークの共通点を書いていく。

 

「言語が違うという以外は全て一緒」と言いたいところだが、

 

探せば一応相違点もあるので、共通点を挙げていく。

 

RailsとLaravelの共通点
動的型付け言語のWebアプリケーションフレームワークである
MVCモデルを採用している

もうこの時点で「2つのフレームワークの違いはプログラミング言語だけです」と行っているようなものなのだが、

 

Railsを普段使っている私がLaravelを実際に使ってみて思ったことは、やっていることが全く一緒だったということなのだ。

 

 

実際に私がやったのは、

ドットインストールのLaravel 5.5入門。

 

その学習の流れが、

 

Laravelをインストール
プロジェクトを新規作成
モデルを作る
コントローラーを作る
ビューを作る

といった流れで、全てがRailsの学習カリキュラムと同じだった。

 

もう学習サイトなど見なくとも雰囲気で今現在Railsで作れるぐらいのクオリティのアプリをLaravelでも作れるのではないか?と思うほどである。

 

なので私は既にLaravelマスター!Web職人!(と言ってみたかった)

 

Laravelを学習してよかったこと

 

しかし、もちろん学習が全く無意味だったわけではない。

 

それに私の本来の目的はある技術書のチュートリアルを進めるためにLaravel及びPHPを理解しておきたかっただけだったから、ほぼRailsと使い勝手が一緒と分かったことは万々歳だ。

 

本来の目的現役RubyエンジニアがPHPをやってみた結果【割と楽しい】
2020.2.27
おはよう。   今日はPHPをやってみたのでその感想を書いていこうと思う。   もくじ1 なぜPHPをやっているんだだだーん2 割と楽しいPHP3 まとめ なぜPHPをやっているんだだだーん   私は先週、ノリ…...

 

 

そしてこのような結論を皆さんに公言できる。

 

 

何かしらの動的型付け言語のWebフレームワークに1つでも精通していればその他のフレームワークは3日で覚えられる。

 

 

ということ。

 

もしも3日で覚えられないのであれば、それは1つ目のフレームワークをまだしっかりと理解できていないということになる。

 

頑張ろう。

 

最後に

 

まあ、こういうことを書いていると「お前はPHPの言語特性を理解できていないだろう!」みたいな回答も来そうだが、その時はそういったコメントをくれた方に教わることにする。

 

とりあえずは私の中では「PHP is YOYU-!!」ということが分かったので本来の目的であるソーシャルゲームを作る書籍の内容に取り組んでいこうと思う。

 

もしもその作業の中で詰まる部分があったならまたこのブログでPHPのことやLaravelのことを更新すると思うのでぜひ読んでいただきたい。

 

今日はここで終わりとする。

 

ここまで読んでくれてありがとう!

 

また明日お会いしよう!

雑談の関連記事
  • 東京貧困一人暮らし20歳若者について
  • 意識高い系にとって害悪な街!神奈川県川崎市!
  • 時給50円上がったら割と最高だよねという話
  • 「俺、〇〇歳のときに〇〇を始めたんだよなぁ~」を常に考える
  • パソコンインターネットの無限の可能性の何かについて
  • 【すみませんでした】本当にすまない