Gitの基本操作まとめ

 

Git Pushまでの流れ

 

git add .

 

「git add -A」でも同じ動作する。

GitHubに自分のブランチ準備をする。

末尾の「.」は「全てのフォルダとファイル」を意味している。

 

 

 

git commit -m "メッセージ"

 

GitHubに反映するコミットメッセージを作成する。

 

 

git push origin master

 

GitHubにPushする。

 

 

 

 

Git Pullをする

 

git pull origin master

 

これでmasterブランチの変更を取り入れることができる。

 

 

 

 

その他(git statusなど)

 

 

git status

 

ローカルリポジトリの変更部分があれば変更したフォルダを表示する。

 

 

変更がある場合

 

 

変更がない場合

 

 

 

 

git branch

 

現在のブランチを表示する。

 

 




エンジニア向けの関連記事
  • 【エンジニア必見】1時間睡眠でエンジニア職は勤まるのか!?
  • 現役RubyエンジニアがPHPをやってみた結果【割と楽しい】
  • 【現役エンジニアが語る】実務でしか学べないこと3選
  • 私はエンジニアだが「好きなことで生きていく」をしている訳ではない
  • 【GitHub】リモートリポジトリの作成からローカルとの紐付けまで
  • Gitの基本操作まとめ