【GitHub】リモートリポジトリの作成からローカルとの紐付けまで

 

リモートリポジトリとは

 

GitHub内で作成するリポジトリのこと。

 

詳しく言えばこの画面で作るリポジトリのこと。

 

 

 

Repository name

プロジェクト名。この後作成するローカルリポジトリと名前を合わせると良い。

 

Description

プロジェクトの説明。空白でも良い。

 

 

 

 

ローカルリポジトリの作成

 

ローカルリポジトリを作成したい位置までコマンドラインツールを用いて移動する

 

 

具体例↓

 

cd Desktop/

 

 

指定した場所でローカルリポジトリを作成し、そのファイルに移動する

 

mkdir [リポジトリ名]
cd [リポジトリ名]

 

 

 

GitHubに反映させるために空のファイルを作成する

 

touch index.html

 

 

リモートリポジトリに反映させる

 

git init

 

「init」はinitializeの略。つまり初期化。

 

 

git add .

 

新しく作成したファイルを反映する準備をする。

 

 

git commit -m "メッセージ"

 

最初のメッセージを作成。

 

 

git remote add origin [コピーしたURL名]

 

 

赤丸の部分をクリックするとURLがコピーができる。

 

 

 

git push origin master

 

これでリモートリポジトリとローカルリポジトリが紐付く!

 

 

 




エンジニア向けの関連記事
  • エンジニアなのに「百度」を知らないのは流石にヤバくない!?
  • 「git push origin master」とか打つのだるくね??【1秒で完了させる裏技を紹介】
  • 優秀なエンジニアになりたければ小学生からやり直せ
  • Gitの基本操作まとめ
  • 会社員エンジニアになると「フリーランスエンジニアになりたい!」という気持ちはなくなるのか?
  • 【エンジニア必見】駆け出しエンジニアを脱出する方法