何事もリスクヘッジは大事

 

おはよう。ハラカズヤです。

 

今日は皆さんに「何事もリスクヘッジが大事」という話をしていこうと思う。

 

 

リスクヘッジってなあに?

 

リスクヘッジとは
リスクヘッジとは、起こりうるリスクの程度を予測して、リスクに対応できる体制を取って備えることです。
例えば、資産運用において、資産価値が一方的に下落することを最小限に食い止めるために、先物取引を使ってリスクを回避する方法があります。

 

 

なんで大事なのぉ〜?

 

リスクヘッジをしておくことの最大のメリットはやはり

「やりたいことを思い切りやることができる」ということだろう。

 

 

現に私はフリーランスエンジニア平均年収862万円になるために業務委託案件を探しているわけだが、

まあ、なかなか見つからない。

 

 

しかしながら私が全力で案件探しに取り組めるのは

「仮に業務委託案件に6月1日までに参画出来なかったとしても新しい働き口が粗方見つかっている」

というリスクヘッジがあるからだ。

 

 

よって、私は業務委託案件を焦らずに探すことができるし(いや、実際には焦っているが)思い切った行動ができる。

 

 

これがリスクヘッジをすることの恩恵だ。

 

 

最後に最後に

 

皆さんも何かするときはリスクヘッジをすることを頭に入れておくといいかもしれない。

 

何故ならそうすることで思い切った行動がしやすくなるから。

 

 

あと、いい感じの業務委託案件があったら教えて欲しい。

早く参画が決まって楽になりたい(本音)

よろしく頼む。

 

本日の記事は以上で終わりとする。

ここまで読んでくれてありがとう!

 

 

 




雑談の関連記事
  • 「イェッタイガー」を本質から否定する
  • 時給50円上がったら割と最高だよねという話
  • 【早期退職するべき】会社を辞めたい人を全肯定する
  • 毎日更新100日経ったらブログの方針が決まったのでそれを発表する
  • 一生を掛けて育てていくWebサービスを作るわよ
  • 「本質を理解しろ」とか言ってくる雑魚へ