Webデザイナーとは

 

 

WebデザイナーとはWebページを美しく作り上げる仕事。

 

また、近年ではスマートフォンアプリケーションの普及により、Webページのみならずスマートフォンアプリケーションのデザインも作成することが多い。

 

 

Webデザイナーの必要スキル

 

必須スキル

 

・デザインスキル

習得すべき技術: Photoshop,Illustrator

 

 

・マークアップ言語の知見

習得すべき技術: HTML,CSS,JavaScript

 

 

 

尚可スキル

 

Webページ作成能力

習得すべき技術: HTML,CSS,JavaScript,Vue.js

 

 

SEO(検索エンジン最適化)の知見

Search Engine Optimization

Googleなどの検索エンジンで作成したWebサイトが検索したときに上位に表示されるようにするテクニックのこと。

習得すべき技術: Webマーケティング

 

 

 

 

 

仕事内容

 

具体的には、先ほど紹介した必須スキルの中であげた「Photoshop,Illustrator」を使ってWebサイトの「モックアップ」を作成することが仕事。

 

 

 

モックアップとは、

Webサイトの見た目だけを作った「ニセモノ」のことで、Webデザイナーが作成したそのデザイン構造に基づいてHTMLコーダーやエンジニアが「仕組み」を作って埋め込んでいく。

 

 

Webサイトのデザインを作る「Webデザイナー」
それを実際にWebページに表示させる「HTMLコーダー」
そのサイトでユーザー情報などデータベースとのやり取りをおこなう仕組みを作る「エンジニア」

 

このような工程で1つのサイトが完成する。

 

 

 

ちなみに、HTMLコーダー」

Webデザイナー、もしくはエンジニアが兼任することが多い。

 

 

そのモックアップ(Webサイトの見た目)を作る際に、

Webサイトの構造」を知るためにHTMLなどのマークアップ言語を学び、「Webサイトが検索上位に表示されるようなデザイン」にするためにSEOを学ぶ。

 

 

しかし、あくまでこの2つは「あると尚良いスキル」なので

Webデザイナーは前提としてまずはモックアップを作成するためのPhotoshopIllustratorの使い方を覚えるべきだろう。

 

 

 

習得する順序

 

習得する順序としては、

 

 

Photoshopの使い方を身につける
Photoshopでモックアップを作ってみる(Webサイトの見た目)
Illustratorの使い方を身につける
Illustratorでモックアップを作ってみる(商品のロゴデザイン)
Webサイトのコーディングを学ぶ
WebサイトをHTML,CSSなどのマークアップ言語で作ってみる(プロフィールサイト)
その中でSEOを考慮したものに編集してみる

こうすることで「付加価値の高いWebデザイナー」になることができる。

 

 

 

 

最後に

 

まずは今日からPhotoshopに触れてみよう。

 

Photoshopでは初心者でも簡単な画像加工などができるので、「手持ちの写真に文字を入れてみる」などして使い方に慣れていこう。

 

 

 

 

「千里の道も1歩から」

 

 

 

 

他のツールについては後々考えれば良い。

 

 

まずは「Photoshop」これだけを集中してやってみる。

 

 

ここまで読んでくれてありがとう!

 

 

 




  • 私が使っている記事フォーマット
  • すげえ
  • 【宣言】ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか
  • 【超絶ミラクルスーパーアルティメット】色々やる気になった丸
  • 【ブロガー必見】記事は「誰か1人のため」に書けばいい
  • 通勤時間を制す者がサラリーマン時代を制す