【宣言】ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか

 

おはよう、ハラカズヤです。

 

当ブログ日刊ハラカズヤマガジンは、運営者である私が何かと「何かをやる」だとか「何かをやりたい」

といったいわゆる目標や願望が書かれた記事が定期的に更新されがちだが、

 

今回はそのシリーズの1つとして

「ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか」について紹介していこうと思う。

 

ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか

 

これは私が「最高峰のサーバーサイドエンジニアになろう!」と考えた際に

作られたものであり、具体的にはこういったものである。

 

言語

・Ruby(動的型付け、FW: Ruby on Rails)

・PHP(WordPressカスタマイズなど、FWなし)

・Golang(静的型付け、並列処理)

・Scala(関数型)

 

 

 

これが私が最高峰のサーバーサイド、というかサーバー側の業務を任されても

適材適所、全ての項目に対応できるエンジニアになれるであろうと考えているサーバー側の言語スキルである。

 

「である」と言い切った文言であったが、果たしてこれで合っているのかは実際のところ分からない。

 

 

が、恐らく括弧内にあるように「動的型付け、WordPress対応、静的型付け、並列処理、関数型」

これらが(業務レベルで)対応できれば文句なしのサーバーサイドエンジニアだろう。

 

 

 

このように「ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか」というものは

名前は適当であるが、中身はなかなかしっかりとしたものなのだ!

 

 

 

因みに上記のものでは言語スキルのみの記述だったが、

その他にも「フロントエンドスキル」「インフラスキル」「ネットワークスキル」「ビジネスサイドスキル」など様々な部門で

「ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか」に項目が記されている。

 

 

これを作るメリット

 

「ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか」は

いわゆる技術習得のロードマップ的なものに当たると思うのだが、

 

この「自分用のロードマップを作る」という行為はエンジニアならば

とても重要なことなのではないかと私は踏んでいる。

 

なぜなら、エンジニアという仕事のスキルは

 

業務に必要とされているスキルが明確に分かる職種だからである。

 

こうでもなれば言語スキル1つとっても「何となく決める」というスタンスで良いはずがないのは自明の理だ。

 

暇な時間を使って自分の行きたい業界では開発にどの言語が使われているのか、

そしてどのようなクラウドサービスが使われているのか、WebサーバーはApacheなのかNginxなのか、

 

知るべきことは山ほどある。

 

そうして得た知識をもとに作るべきものが先ほど紹介したような「自分用ロードマップ」になるということなのだ。

 

このようなものを作っておけば自分がどの言語を習得するべきなのか、どのような企業にアプローチをかけていくべきなのかなどがおのずと見えてくるものだ。

 

そうして「自分用ロードマップ」に沿って決めた企業へ転職したときや案件に参画させてもらったそのプロジェクトに全力を尽くす。

それは「自分用ロードマップ」の進行を速める最大のプロセスであるとも言えるだろう。

 

だからこそ私は「自分が将来どんなサービスを作りたいか」や「どのような場で活躍できるエンジニアになりたいか」が非常に重要であると考えている。

 

それはベテランのエンジニアだろうが、プログラミング初心者だろうが

持つべき考え方だから。

 

注意点

 

このようにここまで「ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか」もとい「自分用ロードマップ」の賛美を紹介してきたわけだが、

「自分用ロードマップ」を作る際にも注意点が存在する。

 

それが「技術が廃れるの可能性」である。

 

私自身、この業界に入って1年半と歴の短い人間ではあるが、

それだけの短い期間しかIT業界にいない私ですら気づくほどに技術の廃れは早い。

 

具体的に例を挙げるのであれば、

私がWebの学習を始めた2年ほど前はCSSのプロパティで

Floatを使ってサイトをマークアップしていくことが主流であったが、今ではFloatを使っているサイトをほとんど見かけなくなり、

その代わりに「Flexbox」の学習が推奨されるようになった。

 

今ではほとんどの動画学習サイトでもこの「Flexbox」の学習が推奨されるようになったのだ。

 

たった1年半、それでも現場で採用される技術は変わっていく。

 

つまりはこの技術の流行り廃りのスピードに合わせて

「自分用ロードマップ」もアップデートしていかなくてはならないということだ。

 

実際に私が作成した「ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか」も作成当初(2019年7月頃)は、

「フロントエンドスキル」部門の中で「iPhoneアプリ制作をするのであればSwift、Xcodeは必須だ!」と考えていたのだが、

iPhoneアプリ開発のメインで使われるXcodeのアップデートが年1で行われることや、Swiftの著しい進化を目の当たりにしてからは

 

これだけアップデートの早いスキルを極めようと思ったらサーバーサイドエンジニアではなくiOSエンジニアになってしまう、、、」

と思ったことからこの部分は、Webで使うのが一般的であり、習熟した暁には軽量だがiOSアプリにも使用できる「ReactNative」を

兼ね備えているJavaScriptのフレームワーク「React」を習得することに変更した。

 

このように自分の知識が少ないうちに作成したロードマップというのは

実際の自分の歩みたいキャリアと照らし合わせてみたときに何かと欠陥点に気づくことがあるだろうから

こまめに修正をしていく必要がある。

 

「技術が廃れるの可能性」

 

これに注意してロードマップを作ること、さらにはロードマップをアップデートすることを忘れずにおこなっていただきたい。

 

最後に

 

以上が「ハラカズヤのMorePowerサーバーサイド何とか」もとい「自分用ロードマップ」を作るべきという記事だ。

 

皆さんも早速今日から自分用ロードマップ」を作ってみよう。

 

本日の記事は以上で終わりとする。

 

ここまで読んでくれてありがとう!

  • 「私があなたぐらいの年齢の頃は」押し付けてくるなよ俗人
  • 運営者:ハラカズヤの全プロフィール
  • 「ギリギリ生活できる金だけ稼いで生きる」という神な発想
  • 自己紹介記事を書きました
  • 【効果絶大】情報を遮断すると作業が捗るよん
  • カラオケに行けないと悩むあなたへ