Google新卒1年目、年収は470万円らしい

 

 

おはようございます、ハラカズヤです。

 

今日は皆さんが明日から友人に話したくなるような話題を2つほどご紹介します。

 

 

本日の話題

 

Googleの新卒の年収は、470万円

・ニューヨークの家賃は東京都の2倍でおよそ「30万円」

 

 

 

 

 

Googleの新卒の年収は、470万円

 

過去に気になって「google 新卒 年収」と検索してみたことがあるのですが、

 

どうやらGoogle Japanの新卒初任給は470万円だそうです。

 

 

一般的な大卒の新卒初任給は250万円程度ですから、魅力的ですよね。

 

ちなみに私も社会人1年目の年収は毎月40時間の残業をして330万円でした。

 

 

そんな高い給与水準を誇っているGoogle Japanですが、

なんと2年目からは1000万円を超える社員も出てくるそうです。

 

 

年功序列ではなく完全出来高制なのだろうと思いますので、羨ましいと思う反面、

出来ない人間は簡単に蹴落とされていく世界かと思いますので大変そうです(ひとごと)

 

 

 

 

ニューヨークの家賃は東京都の2倍でおよそ「30万円」

 

半年ぐらい前にスターバックスコーヒーで目の前の席に座っていた兄ちゃんが話していた内容です。

 

 

気になって真意を調べてみました。

 

 

 

マンハッタンの201913月期の平均家賃は史上最高となる3217ドル(約35万円)だった。

これを1年間払い続けるとすると38604ドルで、アメリカ人の年収の中央値47060ドルの4分の3以上だ。

 

 

本当にそうらしいです。

 

すごい高いですね。

 

 

 

最後に

 

以上で本日の記事を終わります。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 




  • 【Web制作】お洒落なポートフォリオサイトが完成!
  • Webに神社を建設しました
  • 【感動】低学歴の私が持っている学歴よりも大切なもの
  • パーティ
  • ハラカズヤのプロフィール(わかりやすい版)
  • 通勤時間を制す者がサラリーマン時代を制す