18歳高卒、大企業勤めだった私がエンジニアに転職するまでの話

 

 

※現在記事作成中です(途中で記事が途切れていますご了承ください)

 

 

おはようございます、ハラカズヤです。

 

本日は無気力な私にしては珍しくキャッチーなタイトルで

「18歳高卒大企業勤めだった私がエンジニア転職するまでの話」

なんていう話を書いていきます。

 

最近はどこの街を歩いてもインターネットでどんなサイトを閲覧していても「エンジニア転職!」という文字を見るようになった気がします。

 

そんな中でも「高卒28歳からの転職」「Fラン大学からの転職」「35歳からの転職」なんていうブログ記事を見かける一方で、

「10代、高卒労働者から転職」というブログ記事は一切見つけることができませんでした。

 

まあ、実際にはそういった優秀な方が世の中にはいると思いますが、

そういった人は誰一人としてインターネットに記事を載せていないようだったので、私がそれを書いていこうと思います。

 

よろしくお願いします。

 

 

私の経歴

 

まずは私の経歴をざっくりとまとめたものを載せておきます。

 

ハラカズヤ経歴
Sec.1
2018年3月 高校卒業
2018年4月 大手鉄道会社 入社
2018年10月 ITエンジニアに転職を決意
Sec.2
2019年1月 プログラミングスクールに通い始める
2019年3月 大手鉄道会社 退職
Sec.3
2019年4月 ニート化
2019年4月~6月 プログラミングを必死に勉強
2019年7月 自社開発企業にRubyエンジニアとして転職
エンジニア向けの関連記事
  • 死んだ分だけ博識になれる最高な人生[VPS地獄]
  • 18歳高卒、大企業勤めだった私がエンジニアに転職するまでの話
  • コロナウイルスの影響でアプリの売上が伸びてるらしいぞ
  • 私が「バンドリで学ぶ!プログラミング!」を始めた理由 ※執筆中
  • Rubyエンジニアはオワコンなのか?
  • 【重要】根拠のある自信を作る方法