やりたければやれ

おはようございます、ハラカズヤです。

 

本日は朝からガスト秋葉原駅前店で朝食を食べ、最高の気分です。

そしてガスト秋葉原駅前店で格好つけてセルフレジを使用した40代女性が上手くセルフレジを使いこなせず、店員に逆ギレする様を見れてなおのこと幸せでした。

 

 

それでは本日は「やりたければやれ」という内容を書いていきます。

 

よろしくお願いします。

 

 

とりあえず挑戦

 

私は気になること、やってみたいことがあればとりあえず一番負荷の少ない方法でやってみるようにしています。

具体的に当ブログなんかは良い例です。

 

とりあえずブログを始めればインターネットで金が稼げると聞いたので「毎日更新していれば余裕だろう!」という考えで適当に始めましたが、現在も惰性で続けられています。

 

現在はPV数がすずめの涙ほどであり、世間からはほとんど価値が無いと判断されている当ブログですが、

私としてはまだ私に時代追いついていないだけだと思っているので、今後も須く毎日更新を続けていくつもりです。

 

 

まあ、このようにしてやってみたいと思ったことがあれば、自分が絶対につまづかないであろう負荷で始めてみることをおすすめします。

 

 

書きたいなら書け

 

もう一つ、これは小説家を目指している友人に勧めた方法で、

「とりあえず文章を書くことを仕事をしたいのであれば毎日1行でも良いから文章を作れ、そしてその勢いで物語にしろ」ということです。

 

当時、その友人は雑貨屋でアルバイトをしていたのですが、

その仕事がめちゃくちゃ暇でつまらんという話をしていたので「だったらアルバイト中にメモを常備しておいてこっそり物語書いとけ」と言っておきました。

 

彼が今もそれを続けているかどうかは分かりませんが、とにかく小説家のような文章で飯を食っていく人間にとって文章を毎日書くということは必須と言っても過言ではありません。

私も現職がソフトウェアエンジニアですから休日も当然のようにプログラムコードを書いています。

 

だからこそ、その道で飯を食っていく「プロ」になるためには日々の鍛錬が必要なのです。

 

 

ちょうどタイムリーな話で面白い数学者の言葉を見つけたのでご紹介します。

 

 

数学者は朝起きてから「よし、今日も1日数学頑張るぞ!」となっているようでは勤まらない。

数学者は常に数学のことを考え、数学のことを考えながらご飯を食べて数学のことを考えながら眠りに就く。

つまり、数学者とは「生活の全てに数学がある人間」なのだ。

 

 

 

このように数学者は常に数学のことを考えているのです。

これを読んで我々は「へぇ~数学者すげえ~」となっていてはダメです。カスです。アホです。

 

 

よって、今回私がこの記事で伝えたかったことは「その道のプロになりたくば、とにかく始めてみて毎日続けろ」ということです。

始めてみて全く続ける気が湧いてこないものは恐らく向いていないものなのでしょうし、

それがあまりやりたいことでもなかったということに気付くことができます。

 

 

それだけでも十分な収穫ではありませんか。それを繰り返して本当にやりたいことを見つけるだけです。

 

人生ゲームはそのことの繰り返し。

ああ、なんて攻略が簡単なゲームなのでしょう。よく考えてから実行する必要もありません。

 

0.5, 人生はRPGである
2020.7.29
注意 詳しくはこちらをご参照ください 本文 私の運営しているブログでは、「人生など難しく考えるような代物ではないRPG(ロールプレイングゲーム)のようなものだ」という主張が常々書かれています。 これは私の心中にある考え方、いわば「信条」のようなものであり、この考え方のお陰で人間関係や仕事、...

 

最後に

 

以上が「やりたければやれ」という話でした。

 

この記事を読んでくれた皆さんも是非とも今日からやりたいことをやってみましょう。

そうすれば道は開かれるはず、お互い頑張りましょう。

 

本日の記事は以上で終わりにします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

(終わり)

 

 




雑談の関連記事
  • 若者の人生は過ごしている環境で全て決まる(結論: 引越せ)
  • 258日毎日ブログ書いてきたけどブログあまり好きではない
  • 【明解】お前が苦しいのは全部お前のせい
  • やりたければやれ
  • 仕事辞めたけどゴミみたいな生活してる君へ
  • あなたがバカにされるのはなぜでしょうか