金持ちになりたければ「事業家」になるべし

おはようございます、ハラカズヤです。

本日で「金持ちになろう月間」3日目です。

 

本日の話題は「金持ちになりたければ「事業家」になるべし」です。

 

それでは事業家とは具体的にどのような人のことを指すのでしょうか?

 

事業家とは
「事業家」とは、事業をする人のことを指す。

ということです。

 

え?「事業」の意味が分からないって?

仕方ないですね、そんなあなたのために私は優しいので事業の説明も下に貼っておきます。

 

事業とは
生産・営利などの一定の目的を持って継続的に、組織・会社・商店などを経営する仕事。

つまり事業家とは、

生産・営利などの一定の目的を持って継続的に、組織・会社・商店などを経営する仕事をやっている人のことを指す。

というわけです。

 

それではなぜ金持ちになるためには事業家になることが大切なのでしょうか。

 

 

 

「収入を増やして支出を減らす」が実行しやすい

 

その結論はこちら。

 

「収入を増やして支出を減らす」が実行しやすいからです。

 

前回の記事で書いた通り、金持ちになるための考え方として私は

「収入を増やして支出を減らす」が正しいということを書きましたが、

まさに事業家になることでこの「収入を増やして支出を減らす」という行為がやりやすくなるのです。

 

前回の記事金持ちになる方法
2020.8.13
おはようございます、ハラカズヤです。 本日から「金持ちになろう月間」がスタート、1日目です。     本日でブログ毎日更新です。 8月は「#金持ちになろう月間」です。 よろしくお願いします。#ブログ #ブログ更新 【記事…...

 

 

実際に「世界 金持ち ランキング」などでGoogle検索していただけると分かると思いますが、

世界の金持ちは皆、例外なく事業家なのです。

 

1人具体的な人物を挙げるとすれば、有名なソーシャルネットワーキングサービスの「Facebook」のCEOを務めるマーク・ザッカーバーグ。

彼は2020年の世界総資産ランキングで7位に位置していますが、そんな彼もまた「Facebook」という事業の事業家なのです。

 

そのように実際に結果を残している金持ちの人間達も須くやっている事業家。

それではなぜ事業家になることで「収入を増やして支出を減らす」が実行しやすくなり金持ちに早くなることができるのでしょうか。

 

 

収入のコントロールと支出の抑制

 

事業家になることで以下のような効果があり、私は「収入を増やして支出を減らす」が実行しやすくなっていると考えています。

 

事業家が金持ちになりやすい理由
・価格を自由に決められるから
・自分で稼いだ金だという認識が強くなるから

それでは順番に解説していきましょう。

 

 

・価格を自由に決められるから

 

まずは「価格を自由に決められる」という点です。

 

例えばあなたが明日から事業家になるためにハンバーガー屋さんを開くとしましょう。

そしてあなたは「スーパースペシャルバーガー」という訳の分からない名前の商品を3,500円で売ると決めました。

 

しかし、マクドナルドやモスーバーガーなどの一般的なハンバーガー屋は基本的にハンバーガー1つ高くとも300円、なのであなたの友人や家族は

「スーパースペシャルバーガーをもう少し安い価格で販売するべきだ!」といちゃもんをつけてきます。

 

ですが実際に3,500円で売り出してみたところなんということでしょう!

あれだけ友人や家族に安くしろと言われていたスーパースペシャルバーガーは次々と売れていくではありませんか。

 

このように自分で商売を行う事業家の場合、失敗も全て自己責任になりますが

その代わりに自分で商品の価値を決めることができるので収入を増やすこともできるということなのです。

 

まあ、これでスーパースペシャルバーガーが1つも売れずに廃棄になったら大惨事ですけどね。

 

 

そんなことはさておき、

 

「価格を自由に決められる」というのは

根本的な金持ちになる方法「収入を増やす」ということにとても適したやり方なのです。

 

 

・自分で稼いだ金だという認識が強くなるから

 

2つ目は「自分で稼いだ金だという認識が強くなる」ということです。

 

 

これは皆さんも体験したことがあるはず、社会人になり初めて給料をもらったとき

「これは自分で稼いだお金なんだ!」という達成感はありませんでしたか。

 

そのように自身が作り上げた事業で得た金、即ち「売上金」は通常の給料よりも価値を感じることができます。

 

そうでもなればその金の使い道は浪費に使うこともなくなるでしょうし、さらに「金を稼ぎたい!」という欲求が生まれ、

事業成長のために金を費やすことになるでしょう。

さらに「給料以外で金を稼いだ」ということが強い自己肯定感にも繋がります。

 

つまり、

「自分で稼いだ金だという認識が強くなる」ということは

根本的な金持ちになる方法「支出を減らす」ということにとても適したやり方なのです。

 

 

 

 

まとめ

 

以上が「金持ちになるなら「事業家」になるべし」という話でした。

 

この記事を読んでくださった皆さんもいち早く金持ちになるために事業家を目指していきましょう。

 

 

この話に興味を持った方で「事業家いいな!やってみたい!でも、やり方がわからない、、」という方がいましたらこちらの本がお勧めです。

たった一冊で等記事で紹介した事業家になる道のりが分かります。

 

孫正義 事業家の精神

 

実際に私もこの本を読んで「事業家になりたい」と思うようになりました。お勧めの一冊です。

 

 

 

それでは本日の記事は以上で終わりにいたします。

 

 

明日も「金持ちになろう月間」に関する記事を書いていきますので

私のTwitterアカウントをフォローして頂けると幸甚です。

 

こちらで記事更新のお知らせをいたします。

 

私のTwitter

 

 

それではまた明日お会いしましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

(終わり)

 

 




金持ちの関連記事
  • 金持ちになる方法
  • 金持ちになるためになぜ詐欺をしてはいけないのか ※執筆中
  • 金持ちになりたければ「事業家」になるべし
  • 金持ちになろう月間やります