若者の人生は過ごしている環境で全て決まる(結論: 引越せ)

おはようございます、ハラカズヤです。

本日は「若者の人生は過ごしている環境で全て決まる」という話をします。

 

 

はっきりと言いますが、

96%の若者は過ごしている生活がゴミすぎます。

 

夜中まで遊び、昼に起きて、夢や目標があるにも関わらず、その夢や目標に繋がる具体的な行動を始めてすらしていないし、

まだ目標が決まっていない者は、それでいて学問にも熱心に取り組まない。

 

 

私は「仕事は人生で10万時間を使うものだから自身が楽しいと思って取り組めるものでなければならない」を信条にしておりますので、

各々の夢や目標に対して具体的な行動を始めていない人間と夢や目標が決まっていないのにも関わらず学問にも熱心に取り組まない者は悲惨だと思うのです。

 

因みに96%という数字は適当に出している訳ではなく、私の身近な知り合い50人の中から

 

・夢や目標があってそのための具体的な行動を取っている人間

・夢や目標が無いから現職を必死に取り組んでいる人間

 

これらの人種が1人ずつしか居ないため、

「48 ÷ 50 = 96%」 ということで96%なのです。

 

 

ですが、

そのような生活を送っているのはそのゴミ人間な生活を送っている若者本人が全て悪いという訳ではなく、

その若者の過ごしている環境がゴミだからこそ、その周囲の環境に流されてゴミ人間になってしまったとも言えます。

 

何せ、若者は社会に出てから経験が浅いため、周りの大人の行動規範に則って自分のライフスタイルを構築していきます。

 

実際に私も社会に出たばかり18歳の頃は、周りの大人の生活を真似て生活をしていました。

ですが、繰り返しになりますがその環境がゴミだからこそ若者の過ごしている生活がゴミになっているのです。

 

 

この事象によって年配者からは「最近の若者は学生気分が抜けておらん!」と指導を受けることが多々あると聞きますが、

それは本当に「若者の学生生活」が招いた事象なのでしょうか。

 

 

いいえ、違います。

あなた方、年配者が普段おこなっている生活がゴミだから若者もその時系列に則ってゴミ人間になっているのです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、話は初めに戻りますが、

本日は「若者の人生は過ごしている環境で全て決まる」という話です。

 

そこで私はゴミ人間になってしまった若者の救済方法はたった1つしかないということに気付きました。

 

 

それが、

 

「ゴミ人間の多い環境から脱却する」ということです!

 

 

先述の通り、若者は「その周囲の環境に流されてゴミ人間になってしまう」ので、

根本的にゴミ人間の居ない、もしくはゴミ人間が少ない環境に置かれることが出来れば良い訳です。

 

それでは本日は私が「ゴミ人間が居ない環境」を作り出す方法を皆さんにお教えします。

 

 

 

それは、

 

「即座に今の街を離れて一人暮らしをする」ということです。

 

ゴミな環境を抜け出すのは簡単なことで、

自分が過ごしている環境がゴミなのは、その者の住んでいる周辺から腐敗臭がしている確率が高いからです。

 

私はゴミな生活をしている当時に自分の地元から腐敗臭がしていることに気付きました。

 

つまり、私はそのときに「この腐敗臭が漂う場所に居続ければ、私もゴミ人間になる!」という確信を持ったのです。

それから私は即座に必要最低限のもの以外をリサイクルショップに売り出し、貯金は12万円程度しかありませんでしたが、自分の地元を離れました。

 

 

すると、

 

何ということでしょう!

新しく越してきた街には腐敗臭が一切しないのです!

 

 

 

 

それもそのはず、

その空間には私以外、私を誘惑するゴミ環境が整っておらず、
私自身がゴミ生活をした暁には新居を永久追放される悲しい未来しか待っていないからなのです!

 

 

 

つまり本日の記事で伝えたかったことは、

 

若者は社会に出てから経験が少なく、過ごしている環境で人生が決まってしまうのだから、自身の過ごす街から腐敗臭が漂っていることに気付いたならば即座に脱却し、生活する街を変えるべき。

 

ということです。

 

 

 

果たして、社会に出たばかりで初めから正しい選択をできる若者は存在するのでしょうか?

いいえ、存在しません。

 

果たして、辺りがゴミだらけの部屋で快適な生活を送ることのできる若者は存在するのでしょうか?

いいえ、存在しません。

 

果たして、毎日ゴミ人間と生活している人間が社会の荒波に屈しない強靭な心を持ち続けることができるのでしょうか。

いいえ、できません。

 

 

つまり、そういうことです。

 

あなた自らが人生の歯車を壊すのです。

だってこれはあなたの人生でしょう?

 

 

 

 

 

それでは最後に聞かせてください。

 

あなたはゴミ人間になりたいですか?

 

 

(終わり)

 

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

雑談の関連記事
  • やっぱりTwitter頑張った方が良いっすよ〜センパーイ!
  • 【お知らせ】YouTubeに動画投稿を始めました
  • 【クソ動画がランクイン!】YouTubeの再生回数ランキング(ハラカズヤ HaraKazuya)
  • 258日毎日ブログ書いてきたけどブログあまり好きではない
  • 20歳を過ぎてから年齢がどうでもよくなった
  • 【事実】宣言したやつは大体死んでる説