世間知らずの自分に感謝

 

おはようございます、ハラカズです。

 

気候もようやく秋っぽくなりましたね、最高です。

 

本日は「世間知らずの自分」に感謝していこうと思います。

昨日は中学時代のトラウマに感謝しましたし、色々なものに感謝をするべき季節なのかもしれません。

 

昨日の記事中学時代のトラウマに感謝
2020.9.21
  おはようございます、ハラカズです。   本日は中学時代のトラウマに感謝のメッセージを送ろうと思います。     ありがとうございます       もくじ1 イントロダ…...

 

 

それでは早速書いていきます。

 

 

世間知らずの私

 

私は18歳のときに鉄道会社に入社しましたが、このときにとてつもない世間知らずだったことが伺えます。

 

何故なら

初任給は大企業なら高卒でも35万円貰えると思っていたからです。

 

 

実際に私が鉄道会社からもらった初任給は、176,000円。

 

これに対して私は「アルバイトしてたときの方が金多かったンゴ、、、」という感想を抱きました。

 

まあ、今考えると初任給で35万円貰える高卒の仕事があるのか?という話ですが、当時の私は「アルバイトで月20万円貰えるなら大企業の初任給は35万円ぐらいでしょ()」と本気で思っていました。

 

 

 

世間知らずの私にありがとう

 

ですが、今となってはこの世間知らずの私に感謝すべきでしょう。

 

私は初任給が176,000円を貰ったあとも「多分もっと高い給料貰える仕事ってあるでしょ()」と思っていたので、須く仕事を探しました。

 

そして、結果的に現在(2020年9月22日)は時給2,500円の派遣エンジニアとなり、月収換算で40万円ほどの給料を貰えるようになりました。

 

なんだかんだで私が思っていたより月収35万円以上を貰う道のりは大変でしたが、もしも私が世間知らずではなく常識人であったならば、

 

「高卒の給料は176,000円で当然だよね」

 

と思い、高い給料を貰うことを諦めていたと思います。

 

 

だからこそここで感謝の言葉を贈ります。

 

 

初任給は35万円貰えると思っていた世間知らずの18歳の私、本当にありがとう。

 

 

 

最後に

 

以上、本日は世間知らずの自分に感謝するという文章を書きました。

 

この記事を読んでいる皆さんの中にも「自分は世間知らずかもしれない、、」と思うことがあるかと思いますが、それは考え方次第で良かったことに変わるはずです。

 

その持ち前の「世間知らずさ」を活かして人生を良い方向に進めていきましょう!

 

本日の記事は以上で終わりにいたします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

(終わり)

 

 




  • あなたは「働いている理由」を3秒で答えられますか?
  • 【余裕】Rails書けるならLaravelもできるよ
  • 毎日飲食店に依存している人間は今どうするべきか
  • かっこいいスライドショーを作るわよ
  • 海外の制度と比べて政府に文句を言う俗人へ
  • 【4選】インドで65番目に適当なプログラミング言語紹介!