アステルポピュリズム

 

おはようございます、ハラカズです。

 

本日は何をお送りしましょうか、

はい。もちろん適当で素晴らしい文章です。

 

 

もちろんのこと、メールマガジンの文章の一部を公開しますとも、よろしくお願いします。

 

 

本文

 

こんにちは、ハラカズです。

 

本日は「エンジニアになれば『大企業より給料が貰える』というお話です。

 

「いや、まさか、、エンジニアになったら大企業より給料を貰えるなんて嘘でしょ、、」と思っているかもしれませんが、

 

残念ながら、これは紛れもない事実です。

 

実際に私は高校を卒業して「日本トップ3を争う某鉄道会社」に入社しましたが、

そこを辞めて、エンジニアとして働いている現在は、鉄道会社時代の「2倍以上」の給料をもらっています。

 

ですが、ここは「本気でエンジニアになろう」と思っている、あなたが読んでいるメールマガジン。

 

なので、本日は、そんな驚きの事実について包み隠さず、書いていきます。

 

3分程度で読めるので、最後までお付き合いください!!

 

 

 

鉄道会社時代のハラカズの収入

 

それでは冒頭の話をしていきますが、

私は鉄道会社のときに貰っていた基本給は「176,000円」でした。

 

それに残業を40時間ぐらいして、やっと手取りで20万円程度。

 

なので、時給換算すると「1,200円」ぐらいだったのを覚えています(実際に12ヶ月分を出して計算していました(笑))

 

まあ、高卒にしては良い方。だから「今の年齢でこれ以上の収入を貰うことは無理だなぁ」と諦めていましたね。

ですが、エンジニアの世界はどうだったかというと、、、

 

この続きは、11月下旬から配信が始まるメールマガジンで読めます。

 

 

お楽しみに、、、!!

 

 

(終わり)

 

  • エンジニアを目指す人が見るべきYouTuber(マナブ、KENTA、りゅうけん)
  • 人間はあっという間におっさんになる
  • PV数を伸ばす方法
  • 「毎日更新」にこだわる理由
  • 【検証】「元高校球児でアニメオタク」はエンジニア転職最強の経歴である