【重大発表】薄利多売と厚利小売

 

 

おはようございます、ハラカズです。

 

本日はメールマガジンの一部記事ではありません。オリジナルです。

 

お疲れ様です。

 

 

イントロダクション

 

本日は、私が現在作っている商品の話をします。

 

ここだけの話ですが、私は2020年12月から情報商材屋になります。

その内、Twitterでも公開するのですが「有料note」の販売を始める予定です。

そしたら私は「本業: ITエンジニア」「副業: 情報商材屋」になります。

 

情報商材屋という響き、、

 

世の中では「情報商材屋 = 詐欺師」と言うイメージが浸透しているので、名乗り始めたときのフォロワーの反応が楽しみで仕方ありません。

 

そんなわけで、私ハラカズが情報商材屋になるにあたって、「どのような商品があるのか」という紹介として

 

「薄利多売と厚利小売」という話をします。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

薄利多売

 

まずは「薄利多売」から。

 

これは何だかんだ聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

文字通りの意味で

 

利益を「薄くして」品物を「多く売る」ということです。

 

まさしく、冒頭で私が話した低価格のものが多い「有料note」がこれに値します。

 

なので、私が最初に販売する予定の有料noteは980円なので、皆さんの「外食1回分」ぐらいの料金で読むことができる有料記事。

そしてこれを50人が購入したら、利益は、

 

980円 x 50人 で「49,000円」ということです。

 

こんな感じで外食1回分ぐらいの低価格に設定して、たくさんの人に買ってもらうというのが「薄利多売」でございます。

 

 

 

 

 

厚利小売

 

そして、その逆の「厚利小売」

これは、

 

利益を「厚くして」品物を「少なく売る」ということです。

 

 

これも結局は文字通りの意味ですね。

 

有料noteでも価格を10,000円にしたりすれば、厚利小売っぽいですが、

一般的に私たちの身近にある厚利小売は「プログラミングスクール」ですね。

 


 

価格は、20万円から60万円ぐらいで、講師の数に限りがあるので、有料noteのように50人も100人も雇うことができない。

こんな感じで一回の受講料が「20万円」で、一度に受講できる生徒数が「10人」だったら、利益は、

200,000円 x 10人 で「2,000,000円」ということです。

 

利益は200万円なので、凄いですが、講師を雇ったりするので、その分固定費も高くなりますし、

価格が高いので生徒が満足のいく結果を出させてあげること(プログラミングスクールだったらエンジニア転職とか)ができないと炎上し兼ねません。

 

これが、利益を「厚くして」品物を「少なく売る」、「厚利小売」です。

 

 

 

最後に

 

今後、ハラカズは情報商材屋として、須く薄利多売と厚利小売の両方を販売していきます。

 

有料noteの販売開始は12月13日なので、是非ともチェックしていただきたいです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

(終わり)

 

 




雑談の関連記事
  • 本の執筆を始めます
  • 祝姫 感想 ネタバレです(鼎ルート)
  • YouTube始めて本当に良かった
  • 【重大なお知らせ】ブログの大幅リニューアルを行います 2
  • 【自画自賛】これまでの自分の頑張りを棚にあげる
  • 【事実】宣言したやつは大体死んでる説