ハロウィン2020、私が講師をやる最初で最後

おはようございます、ハラカズです。

本日はハロウィンでございます。

 

私は当ブログの文章やTwitterのツイートから見る限り、無機質な人間であると勘違いを受けることが多いですが、実際はそんなことありません。

 

中身は至って普通の20歳の男の子です。

 

 

ただ、私は世間にビビって羽目を外し過ぎないように自制するのが上手なだけです。

 

だから、私はハロウィンが好き。

 

年間行事の中で2番目に好きなのがハロウィンなのです。

 

 

1番は何かって??

 

 

それはもちろん、クリスマスに決まっているじゃないですか。

 

 

そんな1031日の7:06でございます。

 

 

イントロダクション

 

しかし、最近はYouTubeチャンネルの調子がすこぶる良いですね。

 

今月のみでチャンネル登録者が18人ほど増加、従って動画1本辺りの視聴回数も毎度15回を越えるようになってきました。

 

間違いなく、私の市場だと大勢の人間を集めることは不可能ですが、それで構いません。

 

はっきり言えば1万人のバカより10人の天才に視聴してもらうというのがベストです。

 

なので、今後も私のチャンネル視聴者が1人でも多く、エンジニアに興味を持ち、エンジニアに転職してもらうことが理想です。

 

まさに自分で言うのも変ですが、今ハラカズと出会った人間は幸運だったと思います。

 

私の活動の目的は、エンジニア転職を考える同年代の若者をエンジニアになるところまで仕立て上げること。

 

正直、その前の手順もその先もありません。

 

つまり、これがハラカズがプログラミング講師をするラストチャンスですね。

 

 

今年度及び、来年度はそれで何人の生徒を迎え入れ、何人を送り出せるかが楽しみで仕方ありません。

 

 

 

最後に

 

最後は完全にハロウィンの話ではなくなってしまいましたが、とにかく今後の活動が楽しみで仕方ありません。

 

それでは本日はお互いハロウィンを楽しみましょう。

 

アディダス!

 

 

(終わり)

  • 【納得】Youtuberがプレゼント企画をやる理由
  • 【ブロガー必見】ブログを書くのにパソコンはいらない!
  • 引っ越すわ
  • 「私があなたぐらいの年齢の頃は」押し付けてくるなよ俗人
  • 赤信号を絶対に渡らない論
  • 私がエンジニアになった理由 Part1