本当の楽しさは過去の記憶の中に

 

おはようございます、ハラカズです。

 

本日は「本当の楽しさは過去の記憶の中に」という話をします。

まあ、要するに現在過去に作ったWebサービスをリプレイスして公開しようと試みていまして、それが楽しいからこの記事を書いているということです。

 

 

イントロダクション

 

他にも、学生時代のやりたかったことが役に立つ可能性もあります。

 

例えば、今の私のYouTubeチャンネル、過去に高校3年生の頃にも同じようにチャンネルを3ヶ月だけ運営していたことがあります。

 

そのクソほど短い経験でも、0(ゼロ)から始めるのと、0.5ぐらいから始めるのでは、その初期微動は980倍ぐらい楽であり、楽しいことなのです。

 

 

 

 

最後に

 

 

今月は、Gitのコントリビュート600を目指します。ちなみに本日(12/6)現在は496。

業務と個人開発を頑張れば、難なくいける数字のはずなので、一日30Pushするぐらいの勢いで開発していきます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

(終わり)

  • 【Rails】キャッシュ機構について(再掲)
  • 【エンジニア必見】駆け出しエンジニアを脱出する方法
  • 【現金は汚い!?】現金を1円も持たない生活を実現させる方法
  • エンジニアというエレガント過ぎる仕事(再掲)
  • そろそろ自己紹介を書くべきだと思った
  • 私はエンジニアだが「好きなことで生きていく」をしている訳ではない(再掲)