たかなSSのに分割、milk

 

ゆ「これは本当に叩き起こすしか、、」

ま「……あれぇ~?ゆうき?なんでうちにいるのぉ~?」

ゆ「ん?!」

ゆ「(...どうやら麻琴は自宅に居るのと勘違いしているようですね、、)」

ゆ「麻琴!寝ぼけてないで早く起きてください!」

ゆ「昨日、一緒に朝焼け見に行くって約束しましたよね」

ま「ふぇ??なんのはなし~?」

ゆ「まだ寝ぼけているんですね」

ゆ「わかりました、約束通り叩き起こします!」(麻琴の布団に手をかける)

ま「あれぇ~?昨日と約束が違うぞ」(ゆうきの浴衣を引っ張る)

ゆ「…///

ま「えへへ、ゆうきにほっぺたキスしてもらったら目覚めちゃった♡」

ま「ありがと♡」

ゆ「麻琴、、本当は起きてたのにわざとやりましたね」

ま「そのとおり」

ゆ「またもやハメられてしまいました、、」

ま「ほんと、ゆうきは単純でカワイイな」

ゆ「バカにしないでください///

ま「さ、着替えて朝焼け見にいこ!」

ゆ「そうですね」

ゆ「(全く、麻琴には敵いませんね、、)」

 

ーー着替え中ーー

 

ま「さてと、現在時刻は520分!」

ゆ「予定通りです」

ま「それじゃあ行きますか!」

ゆ「はい!」

  • 7sリーダーと2年2人カフェあれ
  • たかなSSのに分割、milk
  • 7's 設定(随時更新)
  • 網棚アマシ棚
  • 第1話 7'sの輝きを求めて
  • 結婚するなら鼎か高月か