もしもあなたがたかなちゃんを愛すなら私はアイスクリーム

ーー外にてーー

ま「おー、流石にまだ真っ暗ですな」

ゆ「でも、これから直ぐに日の出が始まりますよ」

ま「それにしてもお目当ての錦帯橋がこれだけ近いと便利だね」

ゆ「そうですね、本当に外に出れば直ぐなので感動です」

ま「それじゃ、日の出までちょっとその辺散歩しよっか!」

ゆ「いいですね」

...アルキチュー

ま「私ね、毎回こうやってゆうきが一緒に旅行行ってくれて、すっごく嬉しいだ」

ゆ「なんですか?急に改まって」

ま「だってメンバーのみんなは忙しくて、それはきっとゆうきもみんなと変わらないはず」

ま「それでもゆうきは私の付き添いに一度だって嫌な顔しないんだもん」

ゆ「一回目は私が行きたいって言ったのに連れていってくれませんでしたがね」ムスッ

ま「あのときは私が悪かったよぉ〜」

ゆ「まあ、別に気にしてませんけど!」

ま「話持ち出してくる時点で気にしてると思うんですけど〜」

ゆ「もう、その話はいいです!」

ま「ふふっ♪」

ーーーー

ま「でも本当に"これ"があるお陰で7'sはやっていけてるんだと思う」

ゆ「それは同感です」

ゆ「麻琴が突然『7's47都道府県ツアーするぞー!』って言い出したときは流石に驚きましたが」

ゆ「きっとこれが無かったら私たちは今頃離れ離れになっていたかもしれませんね」

ま「ま、それもこれも専属マネージャーの鼎さんがいるからこそ快く視察ができるんですよ〜♪」

ゆ「そうです、それです!別に7'sのメンバーであればもっと適任はいたはずです」

ゆ「きらりは定期的に家族旅行に、つかさも全国津々浦々バイクで旅をしていたと聞きました」

ま「『それなのにどーして私なんですかー?!』ってこと?」ニコニコ

ゆ「私の真似をするのはやめてください。恥ずかしいです」

ま「ふふっ♪」

ま「私がゆうきにお願いしたかったのは色んな理由があるんだよー」

ゆ「そうなんですか?」

ま「でも理由は内緒!」

ゆ「気になります、、」

ゆ「それで気分がルンルンなのは良いのですが、、」

ゆ「一体ここは何処なのでしょうか、、」

ま「へっ?」

ゆ「錦帯橋がとても小さく見えます、、」

ま「もしかして私たち、喋るのに夢中になりすぎて歩きすぎた、、?」

ゆ「もう大分明るくなっちゃいましたよ!」

 

ー錦帯橋前にてー

ま「はぁはぁ、、」

ま「もうすっかり明るくなっちゃったよ〜」

  • たかなSSのに分割、milk
  • もしもあなたがたかなちゃんを愛すなら私はアイスクリーム
  • リアライズ!の設定2
  • 結婚するなら鼎か高月か
  • 住んでいる場所とか家族とか(設定集1)
  • 7's 設定(随時更新)