頭がぼーちゃんするふわふわのしあわせ

頭がふわふわします。

別に覚せい剤とかやっているわけではない。

ですが、本当にふわふわふわふわしている月曜日の13時でございます。私の今年の仕事納めは12月の30日であるから、別に暇というわけでもない。

 

なんなら1月中に公開しなければならない機能の開発をしているので、本来ならもっと死にそうになりながら業務をするべきでしょう。

 

ですが、本当にふわふわふわふわしていて、この文章を打ち込むのも最高に気持ちいいぐらいにふわふわふわふわしている。

確かに眠い、眠いのだが、眠いとは別の感情でふわふわしている。

 

完全に今までの毒素も抜け、全てが善行に思えてきて、少しでも深く考えようとするとふわふわが邪魔をしてくる。

 

これが霊長類の本当の幸せに感じる瞬間なのであれば、私は覚せい剤を使っている人間を肯定することができてしまうかもしれない。

 

-----------------------------------

このモードに入る方法は簡単。

腹が満たされた状態で、日光を浴びながら時速1km/h以下でのんびりと歩くだけだ。

 

それだけで人は悪行を全て忘れ、ふわふわふわふわの状態になる。

そうして感じた頭の中は気持ちいいと気持ち良いでいっぱいになる。

 

それが、普段から考え考え考え考え続けている霊長類の本当の幸せ。これ以上の快感はどこにあるというのだろうか。

いや、あるはずがない。

 

(オワイ)

雑談の関連記事
  • 本の執筆を始めます
  • 若者の人生は過ごしている環境で全て決まる(結論: 引越せ)
  • YouTube始めて本当に良かった
  • 性行為をバカにしたら夢に出てきた
  • 頭がぼーちゃんするふわふわのしあわせ
  • アバボネテスティルディング(胡蝶の夢)