自分の事業をつくりたーーーーーい!!

 

 

本文

 

こんにちは、こんにちは、デブです。

嘘です。巨デブです。

 

はい、こんにちは。

 

本日の記事は、「自分の事業をつくりたーーーーーい!!」という話です。

いやあ、実際こういうタイトルの付いた他人の記事を見つけたら「じゃあ作れよ(完)」とアドバイスをするのですが、自分自身が書く場合はもちろん棚にあげます。

 

そう、それこそが、我がイルネスの早世した世界、財の桎梏でございます。

 

 

クライアントワーク(笑)

 

私はクライアントワークを本気でやれた試しがありません。

 

いや、正確には、全国民の97%ぐらいはクライアントワークを本気でやっていないと思いますから、重要なのは「クライアントワーク、別に怠いと思っていませんよ?」オーラを出すことなのです。

 

それは全国民の62%ぐらいはできているとイルネス神が言っていた。

ですが、私はどうやらそれができないようで「えーーー、無理っすーー帰るーーー」という風に直ぐにいじけます。

 

さらに問題なのは、これを直そうという気力が一切ないこと。

私は一刻も早く、このクライアントワーク(笑)を解脱したいのです。

 

それはみんな一緒

 

ですが、その気持ちは皆一緒であり、私のみならず、今日半蔵門線で私の隣に座っていたオッサンの小林も同じことを思っていたはずです。

 

ですが、私も小林も泣く泣くクライアントワーク(笑)をやっている。

 

なぜだろうか、、、

 

 

その理由は簡単である。

暇だからだ。

 

 

暇じゃなくなればイインダヨ

要するに暇でなくなれば97%の人間が望む「クライアントワーク(笑)から解脱された生活」を実現することができるのです。

 

ここで重要なのは「暇ではなくなること」ということ。

決して「金をいくら持っている」ということではないのだ。

 

私は当ブログと「otaku-engineer.com」を通じて、度重なる背筋主義アピールをしてきたが、クライアントワーク(笑)から解脱する方法においては、完全に「暇ではなくなること」が必要だと踏んでいる。

 

なぜなら、人間は暇だから。

 

クライアントワーク(笑)以外で暇じゃなくなりさえすれば、narukami793のように超余裕でクライアントワーク(笑)から抜け出すことができるのだ。

 

 

まとめ

私はとにかく「えっ?クライアントワークって何ですか??ボクは自社サービスと9-nine-の攻略で忙しいンゴなんですよ〜、、だから他を当たってくれヤーマだ!」と言えるように明日に向かって邁進するのみです。

 

その道がたとえ険しいウスターソースの世界であったとしても、、、、

 

(和織)

 

 

  • 【現役エンジニアが語る】実務でしか学べないこと3選
  • 新しいサイトを作るに決定
  • カラオケに行けないと悩むあなたへ
  • 私が使っている記事フォーマット
  • 金儲けの神と呼ばれることになる男
  • 【絶望】「10万時間」無駄にする人のやっていること